「幸せはお金じゃ買えない」という考え

「幸せはお金じゃ買えない」という話を耳にすることがしばしばあります。確かに、幸せとは、確かに実態がないものであり、つかみどころのないものかもしれません。ただ、私はお金があることによって人間は物質的、精神的な充足感を得ることができると考えます。
お金がなくて幸せを失ったご夫婦の話
私の知り合いに、近所でも「おしどり夫婦」として知られる仲の良いご夫婦がいます。いつも手をつないで歩いており、休日は2人で海外旅行に行ったり国内温泉旅行に行ったりして夫婦生活を満喫されています。誰が見ても、そのご夫婦は幸せであると映ることでしょう。毎日楽しそうにニコニコ笑い合いながら生活をされているからです。ところが、話によると、そのご夫婦は、数年前までは離婚の危機を迎えていたというのです。
どういうことかというと、当時、ご主人がある事業に手を出し失敗。多額の借金を抱えてしまったことで夫婦生活が破たん寸前にまで追い込まれてしまったというのです。事業失敗で雪だるま式に増えた借金を返済するために、ご主人は昼も夜も休みなく働くようになりました。さらに、ご婦人は体があまり丈夫でないもののパートとして外で働くことを余儀なくされるようになりました。

しかし、なかなかそれは報われることはありませんでした。一生懸命2人で働いたものの、消費者金融で借りたお金は金利がかかりますから借金はなかなか減らなかったのです。働いても働いても借金が減らない先が見えない日々・・。もし返済が滞るとその取り立てが容赦なく迫ってきます。そんな地獄のような生活のなかで、それまでの睦まじかった夫婦関係には徐々に亀裂が入っていったといいます。顔を合わせる度に、怒鳴り合い罵りあう毎日。穏やかだった性格も2人とも荒々しくなり、ケンカが絶えることはありませんでした。そんな日々がつづき、ご夫婦は離婚をすることを決意されたのだといいます。
お金が離婚の危機から救ってくれた
 
それから数年後、離婚寸前だったそのご夫婦を救ってくれたのが「お金」でした。「もうどうにでもなれ!」と最後の望みを託して、ご主人はある株を大量に購入。それがたまたま地合いの良さも味方をして株価が急騰。それからというもの、ご主人の株式投資について本で本格的に勉強し、お金を大きく稼ぐことができたといいます。それにより、借金の多くを返済されたそうです。それを契機に、家庭内の空気も次第に和やかになっていったそうです。ケンカをする頻度も少なくなり、お互いに笑顔が戻ってきました。その結果、ご夫婦は離婚の危機を回避し、現在のような仲睦まじい夫婦関係に修復することができたといいます。

お金は物質的、精神的豊かさをもたらしてくれる
私はそのご夫婦の話を聞き、幸せはお金で買えるものだと実感しました。ご夫婦が離婚を回避し幸せな生活を取り戻すことができたのは、株でお金を大きく稼ぐことができたのが要因になっているのは明らかだからです。もし、株式投資で失敗しさらに借金がかさんでいたら、おそらくご夫婦は当初の予定通り離婚に至ってしまっていたことでしょう。お金は私たち人間にさまざまな価値を与えてくれます。お金があると、欲しいものを自由に買うことができ物質的に満たされます。それだけではなく、精神的な安定感をももたらしてくれるものではないでしょうか。精神的に満たされると、人間はイライラしたりいがみあったりすることも少なくなり、結果的に日々の生活に幸せを感じやすくなると思うのです。
まとめ
以上のように、私は「幸せはお金じゃ買えない」という考えは誤りだと思います。お金があれば物質的にも精神的にも満たされ、人間は幸せな生活を送ることができると考えるからです。
(お金に関する考えあれこれ 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク