インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

いろいろおいしいピザデリバリーバイト

いろいろおいしいピザデリバリーバイト
私が学生時代にやっていたアルバイトの中で、特に楽なアルバイトだと感じたのはピザデリバリースタッフバイトです。

スポンサーリンク



ピザデリバリースタッフは バイクを使って ピザを注文されたご自宅にピザを届けるといった仕事を行います。
元々、バイクに乗るのが好きだった私は、何か運転するアルバイトをしたいなと思っていました。
そんなとき、当時付き合っていた彼女が「バイクを乗るならピザ屋はどうかな?」と何気なく話していたのが応募する決め手になりました。
当時通っていた大学の近くにあるピザ屋に貼っていた張り紙にデリバリースタッフの求人が掲載されていたことを思いだし応募し採用になりました。
実際にピザデリバリースタッフとしてアルバイトを始めたわけですけれども、当初予想していたよりも楽なアルバイトだなと感じました。その理由は2点あります。
理由の一つ目は、待機(実施的な休憩時間)が結構あることです。ピザデリバリースタッフはいつでもバイクを走らせられるよう勤務時間中は常に準備しているわけです。
といっても、ピザの注文があって初めてバイクでお届けするという仕事が発生するわけで、注文がない時間帯は特にやることがありません。そんな時間は待機をしているだけなのです。
待機の時間は、もちろんいつでも出動できるよう身構えているわけですが休憩時間と何変わらない時間でありました。
ですから、他のスタッフ達とひたすらおしゃべりをしたり携帯をいじったりしながら過ごしていたものです。
日によっては 1日に配達する件数が2~3件の時もあって、そんな時はほとんど待機して勤務時間が終わってしまいました。
そんな待機の時間も時給が発生しているので「こんなに楽なアルバイトが存在していいのか?」と思ったことを覚えています。
スポンサーリンク



私がピザデリバリースタッフのアルバイト楽なアルバイトと感じた理由の2つ目は、時間が経つのを早く感じたという点です。
どういうことかというと、ピザ屋からお客様のご自宅までは 必ずしも近いとは限らないからです。中には片道30分ほどバイクで走らせないとたどりつかないエリアのお客様もいました。
そのような場合往復すると1時間もかかるわけですから ひたすらバイクでドライブをしているだけで時間が過ぎてしまうわけなのです。
私は元々バイクを乗るのが好きでしたので長時間バイクに乗ることは全く苦でもありませんでしたし、むしろ楽しくて仕方ありませんでした。
お金をもらってドライブを楽しめるというのは非常にありがたいことでしたし、ラッキーだと感じていました。
運転中はもちろん安全走行第一に考えているわけですが、いつも気分が良くなって好きな歌を口ずさみながらバイクの運転をしていたものです。
本当に楽しくて至福の時間でしたね。
またお客様のほとんどは ピザをお届けすると非常に喜んで頂くことができました。
「寒い中ご苦労様」「遠方までありがとう」などと労いの言葉をいただく度に、ピザ屋でのデリバリースタッフのアルバイトをしてて良かったなとつくづく感じたものです。
ピザ屋で働くスタッフは、大学生、短大生が中心で年代が近く、皆仲がよかったです。
どちらかと言うと大学のサークルの様なノリの良い雰囲気で、オフの日は皆でボーリングに行ったりカラオケに行ったりして楽しかったですね。
また、店長も人柄の良い人で就職活動の時や試験期間の時は「シフトはこっちで穴埋めするから自由に休みを取ってくれよな」と言って、私の学業や就職活動を応援してくれていました。
そしてもちろんまかないはピザです。なんせお金のない大学生ですから、今日はどのピザ食べようかなあ?と考えると楽しくて仕方ありませんでした。
そんなピザ屋でのアルバイトは、人生のなかでも良い経験になりました。
また、当時の仲間たちとは今でもsnsなどを通して交流をが続いていて年末には同窓会を開いたりしています。もちろんそのときの料理は「ピザ」です。
  (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク