インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

おにぎり試食モニターはラクで素敵

試食モニターというアルバイトがあるのを御存じでしょうか?試食モニターとは、試食品を食べてその感想を述べるというものです。私はかれこれ数年前ですが、友人からの紹介で、1日限りの試食モニターのアルバイトを経験したことがあります。
おにぎり試食モニターはラクで素敵
そのときは、サンプルのおにぎりを試食してその感想を述べるというものでした。
当日、会場に到着すると、10人ほどのモニターが集まっていました。20代~50代くらいの女性ばかりでした。しばらくすると会場に担当者がやってきて、試食するおむすびとアンケート用紙を各机の上に置いていきました。おむすびは、塩昆布が入ったおむすびでした。
「ではおむすびを今から試食していただきます。それについての感想などをアンケートに記入していってください」
それからしばらくして試食タイムが始まりました。じっくりと味わいながら、その触感や具材の多さや味などを注意しながら食べていきます。
アンケートには、そのおむすびについて感じたことを問う質問が並んでいました。例えば、「塩昆布の風味はどうでしたか?」「おにぎりのふっくら感はありました?」などなど。それらの質問にひとつひとつ答えていきました。
そこでは、おむすびを試食して感じたことを率直に述べれば良いということでした。私達、一般人の感想もとりいれながら、店頭に並ぶ商品開発が進められるのだとか。
私は食べるのが好きで、それだけでも幸せな気持ちになりましたが、その感想が商品開発にも反映されると聞き、やりがいも感じました。ですから、感想をびっしりと書いたのを覚えています。
なお、試食とアンケート回答が終わったら、あとは解散となりました。帰り際にはアルバイト料の1500円ももらうことができました。
おいしいおむすびを食べて、さらにお金ももらえて微力ながら商品開発に貢献できるとは、なんて素敵なアルバイトなんだ!と感動したものです。ただ、非常にレアなアルバイトなので、なかなか募集されていないのが難点です。私は数回、試食モニターのバイトをやりましたが、毎回こういった感じで、良い思い出に残っています。
  (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク