就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます
スポンサーリンク

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。

転職エージェントの大手としては、キャリアトレックDODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。

その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。

転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。

転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。
SNSフォローボタン

フォローする

おもちゃメーカーでのコールセンターバイト

私は学生時代からフリーター時代に至るまで、いろいろなアルバイトを経験してきました。中にはきつくて大変なアルバイトもありましたが、一方で「こんなに楽な仕事なのにお金をもらっていいの?」と思うようなものもありました。
d97d97c902efa9fa179f6b9a02645ff1_s.jpg
そのひとつがコールセンターバイトです。一般的にコールセンターの仕事は精神的にタフでなければなかなかつとまらないというイメージを持たれる方が多いとは思います。確かにそういう面はあるとは思います。
ただ、それはコールセンターの仕事の種類にもよるのではないかと思います。発信業務と言って、与えられた顧客リストに片っ端に電話をかけていくスタイルのコールセンターの仕事もあります。そういった業務は私もやったことがありますが結構きついです。なぜなら、顧客リストがある限り、かけてもかけてもエンドレスに仕事は続きますし、「1日○○件以上」みたいなノルマもあるためサボることもままならないからです。
私が勤務していたコールセンターは、おもちゃメーカーのコールセンターで、受信業務専門でした。電話がかかってきたらそれを受けて応対するという業務です。ですから、電話がかかってこなければ何もすることがありませんでした。日によって忙しさはバラつきがありましたが、1時間全く電話がかかってこないなんて日もあり、その日は3件の電話に応対したのみで仕事終了でした。それでいて時給は1300円と世間のアルバイトからすると高めに設定されていてお得感がありました。
また、私がコールセンターバイトを楽な仕事だと感じた理由は、「おもちゃメーカーのコールセンター」という点にもあります。家電メーカーのコールセンターなどは、大人がものすごい剣幕で
クレームを言ってくることも少なくないと思います。それは人によっては精神的にかなりダメージを負うことも考えられます。一方で「おもちゃメーカー」のコールセンターの場合、電話の主は多くが小学生です。子供だから軽く扱うということではありませんが、精神的にやはり楽でした。時には子供の代理として保護者の方から電話がかかるケースもあるわけですが、所詮大人はおもちゃに関して怒るということはなく、穏やかな口調の人がほとんどでした。
そのような感じでしたので、コールセンターでのアルバイトは私にとってとても楽なアルバイトでした。受信業務のみであるため暇な時間が多く、電話がかかってきても精神的に参ってしまうような状況にはならなかったからです。コールセンターにも現場によっていくつかのスタイルがあり、キツイ仕事になるケースもあれば、楽な仕事になるケースもあると思います。
コールセンターバイトは一般的に時給が高いのでそれにまず目がいきがちでしょうが、応募しようと思う人はあらかじめ調べておいた方が良いかもしれません。時給が若干安くても、受信専門でかつ精神的負担が少なそうなコールセンターを応募先に選ばれることをおススメしたいと思います。
        (楽なアルバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク