お店で商品を数えるだけ!棚卸の派遣バイト

商品カウント・棚卸しの派遣バイトが今までやったなかで一番楽なアルバイトでした。ツタヤやイオン、コンビニなどの店舗で商品をハンディスキャナを使ってスキャンして数えていくというのがその仕事内容です。
470776.jpg
商品カウント・棚卸しの派遣バイトの何がラクかというと、以下の4点が要因として挙げられます
1、室内なので屋外よりラク。
2、力仕事はなくてラク。
3、ガンガンに早くしろ!みたいなプレッシャーがなくてラク。
4、指示は細かくなくて、1時間に一度「この棚を終わらせて」といった感じの指示に従うだけなのでラク。
また、派遣会社の社員さんや専属のバイトさんは、私たち派遣スタッフが来る前の時間から、機材準備などのために現場で仕事をしておられました。30分前あるいは、もっと早いときは1時間前とか。ですから私たち派遣バイトたちは、それに加勢する形で、指示されたことを淡々と進めるだけで良いという感じでした。また残業に関しては、派遣スタッフは自分の都合を優先して、残れる人だけが残れば良い形でした。
はたらこねっと~日本最大級の派遣情報サイト~
では、そんな商品カウント・棚卸しの派遣バイトの仕事内容を以下、もう少し詳しく書いてみたいと思います。
1、商品のカウント
現場では、派遣バイトの多くは「商品カウント」の作業を行うということになります。ハンディスキャナでスキャンしたあと、数量を数えて数字を入力。そして次の商品に進んでいくという繰り返しです。その時ポイントがあります。それは、商品をカウントするために棚から抜き出しそれを戻す作業を効率よく実施することです。その点、ベテランバイトさんのアドバイス通りに実施すればほとんどすぐにできるようになります。
2、リストまき
商品カウント作業をある程度こなし、派遣会社の社員さんに信頼されてくると、別の仕事を割り当てられることも出てきます。そのうちのひとつが「リストまき」というもので、ほんの数名のみに与えられるポジションです。商品カウントも十分にラクな仕事ですが、それ以上にラクな仕事がリストまきです。商品をカウントしたデータはパソコンにアップロードしていくわけですが、そのデータを棚ごとにリストを印刷して、チェックのために棚にリストと持っていくという作業です。フロアマップと呼ばれる各棚番号が記載している店内図があるのですが、それをもとにリストを該当する棚に持っていくのです。簡単なチェックさえできれば誰にでもできる簡単な仕事内容です。
3、リストのチェック
「リストのチェック」は各棚にまいたリストを確認していく作業です。こちらの作業もほんの数名のみに与えられるポジションです。カウントした商品はすべてカウント順に印刷されています。そのリストと実際の商品を照合させて、カウントミスしていないかどうかを確認していく作業です。こちらも抜擢した数名のみ行うために落ち着いてマイペースですることのできる作業です。
4、社員さんの隣に座って書類整理
「社員さんの隣での書類整理」、これが派遣での一番ラクな仕事で1名のみに与えられるポジションです。上記のリストでミスがあり修正箇所がたくさんあればリストが、派遣社員さんのもとに戻ってきます。そのリストを社員さんはパソコンを使ってデータ修正していきます。その隣に座って、これから修正するリスト、修正済みリスト、そしてパソコンで修正したデータを再度印刷したリストの3種類をまとめていくというのが「書類整理」の役割です。非常に楽な作業です。このポジションは何回もこの派遣バイトに入っていて派遣社員の社員さんから信頼されてから初めてゲットできる究極のポジションです!
   (楽な派遣バイトの体験談 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク