お弁当屋さんでの3年間アルバイト体験談 

私が高校生のときアルバイトをしようと思いました。そこで面接を受けたのは自宅から徒歩5分ほどのところにある某お弁当屋さんでした。
55cae11820001e247f5e41493f0df6e0_s.jpg
理由はその当時バイクの免許を取得したこともあってバイクに乗った仕事を何かしたかったからです。そのお弁当屋さんには配達業務もあり、しかも家からも近いということもあって最適ではないかと思ったのです。面接はごく簡単なもので即採用。次の日からそのお弁当屋さんでアルバイトをすることになりました。
アルバイトがスタートして当初は覚えることがいろいろあり結構大変でした。大体は以下のような
業務をこなしていました
・お弁当が出てきたら袋に入れる。
・店頭に立ち注文をお聞きする。
・電話が鳴れば電話対応をする
・配達のやりかたを覚える
とはいえ、同じようなことの繰り返しなので、しばらくするとコツも分かり慣れていきました。電話対応についてはカンペが貼ってありそのまま読む形でした。あとは配達については、お弁当を注文をするのが地元の人ばかりでしたので、道を新たに覚える必要もなくすんなり業務に入ることができました。
それから私は約3年間、そのお弁当屋さんでアルバイトを続けました。当初は軽い気持ちで応募したのが、そこまで長く勤めるとは思ってもいませんでした。どうして長続きしたかというと、仕事がラクで楽しくなっていったからです。
私がそのお弁当屋さんでアルバイトを始めてしばらくして、同じ高校の友達も働きたいと話しはじめました。
そこで店長にその友達を紹介。友達は無事に採用になり、私と同じシフトで働くことになりました。もうそこからの辞めるまでは無茶苦茶楽でした。友達となんやかんやおしゃべりをしながらできるので、アルバイトに行くのが楽しかったです。ある日は深夜3時ぐらいまでお弁当屋さんに溜まってずっと話ししてプチパーティーみたいなのを開いたこともありました。
店長がいる日でも店長にご飯を作ってもらったり本当にみんなが仲良かったです。忘年会や歓送迎会にもみんな出席していましたし本当に楽しかったですし楽でした。
仕事でミスしても怒られるようなこともほとんどありませんでした。そんなこともノビノビと働けた大きな要因だったと思います。世の中には少しミスをしただけで延々と怒られるような職場も少なくないと多いらしいので、それに比べると随分楽な職場だなぁと思ったものです。あとは高校の定期試験前など、シフトの融通も聞いてもらえたりしたので、高校生活との両立もしやすかったです。
はたらこねっと~日本最大級の派遣情報サイト~
日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】
配達は夏は暑く冬はめちゃくちゃ寒い日もありました。ただ、店に帰ったらストーブもおいてあったりして寒さを防ぐことができていました。
    (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク