インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

お気楽な試食販売のお仕事

今までやってきたアルバイトのなかで、仕事がラクで割が良いと思ったのは、試食販売(マネキン)のアルバイトです。私の場合、派遣会社に登録して、土日などにスーパーマーケットやデパートの食料品コーナーに派遣される形で試食販売(マネキン)の仕事をやっていました。
試食販売の対象商品や依頼主のメーカー様は、派遣される場所によって違うのですが、加工食品や飲み物が多かったですね。
お気楽な試食販売のお仕事
ある時は、スーパーマーケットで、某大手コーヒーメーカー様のお仕事でした。
そのときマネキンである私がやったお仕事は、紙コップに新作のコーヒーを少しだけついで、来店されるお客様に配ることでした。
接客ではありますが、特に特別なスキルや会話力が要るわけではありません。お客様が近くを通られたら「○○のコーヒーです。一杯どうぞ」みたいに、コーヒーが入った紙コップを手渡すんです。すると大抵は「おいしかったわ。ごちそうさま。」「ありがとう。おいしかった。」といった感じで感謝の言葉を言って下さりました。
そうしたらマネキンはすかさず「ありがとうございます。○○の新作のコーヒーです。キャンペン中でお得ですよ~」とメーカー様の宣伝をするのです。すると中には「おいしかったし、ひとついただくわ」なんてショッピングカートに商品を入れていかれるお客様のいらっしゃいました。感謝の言葉をいただいて、さらに商品まで買っていただけて2度嬉しい瞬間でしたね。
試食販売(マネキン)のお仕事はそんな感じで、朝から晩までスーパーマーケット(またはデパートの食料品コーナー)を仕事場に、試食を配りながらメーカー様の宣伝を行うというものでした。派遣会社側は基本的に現場は各マネキンにお任せでしたので、疲れたらちょっと奥に引っ込んで自由に休憩したりできていました。派遣会社の人は時々様子を見に来ることはありましたが、自分のペースに自由に仕事をできる雰囲気だったので、精神的に楽でしたね。
それだけ楽なお仕事なのに、日給は9000円もいただいていました。時給換算したら1000円以上ですね。これはお金のない学生にとって非常に助かりましたね。
また、派遣会社はたくさんの人材を抱えていますから、スケジュール的にも自由が効いたのが助かりましたね。普通のバイトのならシフトがガチガチに決まっていて休みにくいものですが、派遣会社は、そんなことはありませんでした。例えば、学校で急用ができて休みたいときは事前に連絡を入れさえすれば「分かりました。では来週またよろしくお願いします」みたいな感じで、嫌味のひとつ言われたことはありませんでした。
試食販売(マネキン)の求人は、アルバイト誌や【アルバイトEX】お気楽な試食販売のお仕事など求人サイトで募集がよく見つかりますよ。授業にサークルにといろんな予定を抱えている学生さんには特に、試食販売(マネキン)の派遣の仕事は、しやすいお仕事なのではないかと思います。
                       (楽な派遣の仕事の体験談 20代女性)

スポンサーリンク