インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ただボーっと・・平日の遊園地バイト

私はフリーター時代に、遊園地でアルバイトをしていたことがあります。そのアルバイトがとても楽な仕事でした。私が遊園地で主に担当していたのは 遊園地内にある乗り物の案内でした。
ただボーっと・・平日の遊園地バイト
例えば、メリーゴーランドの担当になった日は、お客様からチケットを受け取って安全確認をした上で注意事項アナウンス。お客様が無事に降りたかどうかを確認してもし何か問題があれば手助けをします そんな作業を延々と繰り返していく。それがその1日における仕事内容の全てでした。
遊園地はその場にいるだけでウキウキした気分になれますし、お客様が喜ばれる姿を見るのはとても楽しく思いました。とりわけ、小さい子供さんが楽しそうにしている姿は本当に癒されましたね。
では、なぜこの遊園地がのアルバイトがそこまで楽なアルバイトだと感じたかと言うと、それは平日はとても暇だという点にありました。
土曜日・日曜日・祝日及び大型連休などは遊園地はそれなりにお客様の数が多かったです。ところが、平日となると暇で暇で仕方ない状況になっていました。とにかくお客様の人数が少ないのです。
メリーゴーランド担当なら、メリーゴーランドに乗るお客様がいらっしゃらなければぼーっと暇つぶしをしているだけでした。こんなのでお金をもらっていいのかなと申し訳ない気分になったほどです。
そんな状況だったにも関わらず、アルバイトの多くは土日祝に出勤を希望していました。なぜなら、遊園地で働いていたアルバイトの多くは大学・短大に通っていて平日は働けないからです。
そんななか、フリーターであった私は平日も土日祝日も出勤することができました。ですから、平日を中心に出勤し、土日祝日のシフトは他のアルバイトに譲っていました。
「平日出勤ばかりでいつも申し訳ないっす」と学生バイトさんたちからは感謝されていましたが、内心は「いつもおいしい思いをさせてくれてありがとう」と思っていました。
お客様の数が少ない平日の遊園地。ただぼーっと園内を眺めたり掃除がてら近くを散歩したりするだけで日給が発生する、あまりに楽な仕事でした。
  (フリーター時代の楽なアルバイトの体験談 40代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク