とても楽だった屋台スタッフバイト

私は以前、あるまちのイベントで屋台スタッフとしてアルバイトをしたことがあります。期間は3日間立ったのですが、それがとても楽なものでした。
連休に開催されるイベントに知人が屋台を出すという話から、私は友達と一緒にそのアルバイトをすることになりました。イベント時のみ(3日間)の短期アルバイト。時給は950円で、交通費は全額支給というなかなか良い条件でした。
私にとって屋台でアルバイトをするのは、それが初めての機会でした。一体何をすればいいのか全く分からないままアルバイト当日を迎えました。
ただ、屋台アルバイトについてはとても忙しいというイメージだけは持っていました。ですから、大変な3日になるだろうなと覚悟をしてイベントが開催される会場に足を運びました。
しかし、実際に屋台に行ってみると、任された仕事は少しした接客と鍋などの調理器具を洗うというごくごく簡単仕事のみでした。
注文を聞いたり、お客さんにできたものを渡したりする場面もほんの時々ありましたが、そのほとんどは雇い主が行ってくれていました。楽すぎてはっきり言って拍子抜けしたのを覚えています。
ただ、屋台には忙しい時間がありましたお昼時である12時~14時くらいの2時間くらいはお客さんが長蛇の列になって並び少しバタバタしました。
ただ、バタバタといっても、少しの接客と裏方の仕事(調理器具を洗う)なので自分のペースで動くことができ、ストレスに感じるほどではありませんでした。
その忙しい2時間ほどが過ぎると、イベントに来ているお客さんたちのお腹は満たされたのか、屋台は一気に暇になりました。それからというもの、屋台には1時間に2~3人のお客さんが来るのみとなりました。私たちはやることがない暇すぎる状態となり、ボーッととしたり友達としゃべっていたりしました。
そんなとき、雇い主の人が「お疲れさま。これで自分の好きなもの買っておいで」と1000円札をくれ、私たちはそのお金で他の屋台でごはんと飲み物を買いました。そのときは2時間位休憩も与えてくれました。
イベントも終盤になると、少しずつ片づけをし始めました。ただそれも楽なもので、私は調理器具を洗ったり、1000円札を10枚ごとにまとめたりといった簡単作業をするだけでした。雇い主の人も裏で休憩していたので私達ものんびりとさせてもらいました。
そのイベントでの屋台スタッフのアルバイトは8時間勤務ということでしたが2時間位休憩をとり、勤務時間の半分くらいは暇でしゃべったりしてのんびり過ごしていました。ですから、実質的な勤務時間は4時間くらいだったと思います。それでもお給料はしっかりと8時間分もらえました。
その屋台でアルバイトをしたのは3日間でした。初日はたまたま楽すぎたのかなと思い一応は気持ちを引き締めてのぞんだものの、イベントの3日間こんな感じがつづきました。とても楽なアルバイトもあるものだなあとつくづく思ったものです。
                (30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク