なまけものの私でも勤まった試験監督バイト

a0002_000151.jpg
社会には色々な仕事が存在します。
私は学生時代から社会人といくつかのアルバイト・仕事を経験してきました。ルーズでなまけものの性格ということもあり 少しでもしんどい仕事ならすぐ辞めてしまうことを繰り返していました。
ですから、私の職歴は本当に散々なもので、半年ごとぐらいに仕事を辞めていて最短1日で辞めたこともありました。
そんななまけものの私でもこれは楽な仕事だよな~と思った仕事があります。
それは、試験監督の短期アルバイトです。

スポンサーリンク



模擬試験や資格試験を受けた時にスーツ姿の人々が案内している姿を見たことはありませんか?それが試験監督です。
試験監督はスーツを着て受験生を監視するわけですから、学歴や知識がある難しい仕事だというイメージを持たれがちです。
ところが実際やってみると、全く知識や学歴は必要ありません。非常に簡単な仕事で、主に大学生・短大生や私のように職を転々としているフリーターが結構活躍していることが分かりました。
試験監督の仕事内容は、試験を順調に遂行するためのお手伝いをするというものです。
事前に数時間の研修がありその後仕事に臨むわけですが、その研修で習う段取りに従って進めていけば、未経験者でも全く問題なく取り組める仕事です。
仕事の当日は朝集合して現場監督の人が数名ごとにチームをつくって、それぞれの作業にあたります。
例えば 「試験会場」と書かれた看板を設置したりお手洗いの位置を示す紙を張り出したり、席順の紙を貼ったり。
そういった作業を分担してやっているうちに試験時間が迫ってきます。そうすると次は二人一組でペアを組み試験監督の業務にあたります。
1人が主監督もう一人が監督ということで、ベテランの人が監督にあたります。
スポンサーリンク



試験が始まる前は試験問題の枚数を数えて、受験生に配布します。そして時間が来たら主監督が「では始めてください」という風に合図をします。
その後は2人で教室を巡回にあたります。その目的はカンニングしている人がいないかなどをチェックしたり質問を受けたりといったことをします。
質問については 答えられる範囲で答えてもし答えられないものに関しては本部に連絡して対応してもらうということを行っていました。
あとはお手洗いに行きたい人は挙手するので、「お手洗いの場所はこちらですよ」という風に案内するといったことも行います。
試験時間が1時間半とすると、そのように仕事らしい仕事をしているのはわずかな時間で、残りの1時間20分ぐらいは暇な時間でしたね。
カンニングをする受験生などまずいないですし 試験をカリカリ問題を解いているのを後ろから眺めている。そう言った暇な仕事でした。
ですからペアを組んだもう一人の試験監督の人を見て見ても、大抵はあくびをしたり伸びをしたりしていました。「ああ、この人は暇で眠たいんだな」ということが明らかに分かりました。
そんな私も何度立ちながら寝そうになったことか分かりません。それだけ暇で暇で仕方がない楽な仕事でした。
なお、試験によっては、後ろに椅子が用意されていて、その椅子に座って後ろから眺めていれば良いという案件もありました。
そういう時はただ椅子に座って時間を過ごしてるだけですから、仕事をしてると言うよりは延々と休憩しているという状態に限りなく近いものでした。
体力的にも精神的にも疲れが出ませんし、世間にはこんなに楽な仕事があるんだなと、むしろ感心してしまったものです。窓際に座っているときはまさしく日向ぼっこでしたね。
試験時間が終了すると、主監督が「終わってください」と合図をするので、後ろから解答用紙と問題用紙を回収。回収した用紙は本部に持参し枚数を数えて提出します。
それでその科目の業務はひととおり終了です。そのように科目ごとにこなしていき、最終日にお給料をもらうことができました。
日給制でしたが時給換算すると1000円ほどありその楽な仕事内容からすると非常に割が良い楽な仕事だと思いました。また、昼には結構豪華なお弁当が支給されていて毎回それも楽しみでした。
試験監督のアルバイトは一度慣れてしまうと、そのあまりのラクさからリピーターになる人が多いです。
なかにはすっかり試験監督バイトを気に入ってしまって、平日は会社員として働いていながら休日は試験監督のアルバイト副業としている人もいました。
その人曰く、「家にいてごろごろしていても、試験監督でぼーっとしてても同じようなものだから」とのこと。
どうせダラダラ時間を過ごすなら試験監督をしてお金を稼いでおいしいものを食べたほうがお得だみたいなことを話していました。
試験監督の仕事はアルバイト求人雑誌やアルバイト求人情報サイトでたまに見かけますが、人気バイトゆえにすぐに枠が埋まってしまいます。
ですから、案件を見つけたらできるだけ早めに応募するのが良いでしょう。
  (楽な仕事の体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク