インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

のんびりできた古本屋の店員が良かった~

私はフリーター時代にいろいろな種類のバイトをやっていましたが、古本屋でのバイトが一番楽なバイトだと思いました。
のんびりできた古本屋の店員が良かった~
古本屋といっても本以外にもいろいろ販売している大手チェーンではありません。古書のみを置いている昔ながらの古本屋でした。
その仕事内容はとてもシンプルなものでした。レジ業務、ほんの陳列、店内の掃除が主なものでしたが難しい作業は特にありませんでした。
古本屋のバイトをどうして楽なバイトだと思ったのかというと、一番の理由は、暇な時間が非常に多かったからです。夕方は会社帰りのサラリーマンや電車通勤の学生たちが来店していましたが、それ以外は本当に暇な時間と化していたのです。
暇な時間はやることがなくて・・お客さんが誰もいないときや少ないときは、資料を整理するふりをしてひたすらマンガを読んでいたのを思い出します。また、お客さんが多数いる時間でも、多くの人は立ち読みをして帰る人が多いため、意外と古本は売れませんでした。
そんな古本屋のバイトは結局1年ほど勤めて辞めてしまいました。辞めた理由は、あまりに暇でラクすぎたから。もう少し変化のある魅力的な仕事をしたいなあと当時は思っていたのです。
そこで私は、団体ツアーの添乗員に転職。しかし、あまりに業務が大変で睡眠時間は少ないは、会社や先輩からのプレッシャーがきついはで、押しつぶされそうになる毎日になりました。そんな忙しい仕事に転職してから心身共にボロボロになり、古本屋バイトのまったりした雰囲気がいちばんよかったことに気づきました。
しかし、そのときは既に後の祭り。古本屋の店長に電話をしたところ、新しいアルバイトさんが既に働き始めていて、私の帰る場所ではなくなっていました。
古本屋のようにのんびりとまったりとした楽なアルバイトはないかなあ?そんなことを考えつつ、再び転職先を探している今日この頃です。
   (楽なバイトの体験談 40代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク