関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

のんびり過ごせた音楽スタジオバイト

私は以前、個人経営の音楽スタジオで受付のアルバイトを1年間していました。時間やシフトは固定されておらずスタジオの予約があるときだけ働くというスタイルでした。
その仕事の内容は以下のような感じです。アルバイト当日、スタジオに行くとまず予約の時間をチェック。そしてトイレ、床、階段の簡単な掃除を15分くらいかけて行います。掃除が終わるとルームに行って、ドラムセットの位置を整えたりケーブルの拭き掃除をしたり、掃除機がけをしたりします。3部屋あるスタジオルームを約5分ずつくらい。その後は予約のお客さんが来たら部屋へ案内します。
a1180_004519.jpg
お客さんがスタジオに入っている間は基本的に何もすることがないので、受付で自分の時間をのんびりと過ごします。
お客さんのスタジオ利用が終わったら会計の対応をしてルームの片付けをしてお仕事は終了。
この音楽スタジオでアルバイトを始めた当初は、待ち時間はボーッとしていましたが、オーナーさんから「やることが終わっていれば何をしてもいいよ」と言われたのをきっかけに堂々とゆっくりするようになりました。カウンターでひたすら本や漫画を読んだり、携帯をイジっていましたね。また、私は当時大学生だったこともあり、大学の試験期間中は勉強道具を持ち込んで勉強もしていました。また、家庭教師のアルバイトも掛け持ちしていたこともあり、次の授業の予習や宿題チェックをしていたことも。
人間関係も楽で居心地が良かったです 常連のお客さんとは自然と仲良くなってお客さんが休憩しているときには和気あいあいとおしゃべりしていました。大学も卒業が近くなり、再び暇になったときは「待っている間に空いてる部屋で楽器弾いていてもいいよ」とオーナーから言われましたが私は楽器は弾けないので、最終的にはノートパソコンを持ち込んで海外ドラマをひたすら観ていましたね。そんな夢のようなアルバイトでした。
アルバイトが決まってあるというわけでなく、仕事が決まるのが直前であるなど難点もありましたがおいしいアルバイトでしたね。勤務時間のうち、実働時間は2時間にも満たないくらい。暇な待ち時間も時給換算され、時給は1,000円もあったので本当に助かっていました。1週間でだいたい4~5日くらい予約が入り夜はスタジオでのんびり過ごすことが多かったですね。
                        (暇で楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク