オフィッス街ファミレスでの深夜バイト

私が経験した暇で楽なバイトは、深夜のファミレスホールスタッフのアルバイトです。オフィッス街の一角に立っているファミレスということもあって、昼間はサラリーマン・OLの方々で大変混雑している店舗でした。一番忙しい12時~12時45分くらいは、行列ができていて、スタッフたちはかなり忙しく働いていました。
27ef2f8e1046b0fe7d2dbd0ed8ce1bf9_s.jpg
ところが、私が勤務していた深夜帯は本当に暇で仕事がラクでした。なぜなら、客層の多くを占めているサラリーマン・OLの方々は帰宅してしまっているからです。ですから、いわゆる都会にある店舗ながら閑散としていたというわけです。
私がやっていたホールスタッフの仕事は、お客様から注文を聞いて料理を運んだり、お皿を片付けたりするというものでした。あとは、お客様が帰られる際にはレジで伝票をもとに精算を行うといった業務もあります。最初のうちは、どんなメニューがあるのかひととおり把握するのが少し大変でした。
メニューファイルに値段や料理写真は載っているのですが、「おススメは何ですか?」「人気商品はどれですか?」「子供でも食べれそうなメニューはありますか?」みたいに質問をされることがたまにあるのです。そういった質問に即座に回答するためには、それぞれのメニューについて知っておく必要があったのです。あとはレジの操作方法。ただ、いずれも、1週間くらい勤務していたらごく自然とできるようになりました。
それも、私の場合、暇な時間が多くあったというのも功を奏していましたと今になってみれば思います。深夜にいらっしゃるお客様は、あまり注文もされませんし、一度席に着いたら電車が動き出す朝方まで滞在される方が多かったです。ですから、私たちアルバイトがやる仕事は本当に限られたものでした。そんなこともあり、暇な時間にメニューファイルを読んだり、先輩のアルバイトスタッフにレジの使い方を学んだり余裕を持ってすることができたというわけです。
1か月も経つと、すっかりそのファミレスでのアルバイトにも慣れてきて、次はどう暇な時間を過ごすかがテーマになってきました。それだけ暇な時間が多かったのです。それは調理場のスタッフも同じくで、「今日も暇ですねえ」という会話から始まりたわいもない世間話をして暇つぶしをしていたものです。それでいて、夜勤は忙しい日勤よりも時給が高くて、申し訳なく思ったほどです。私は他の正社員の仕事が決まった
ため1年半ほどでそのファミレスバイトを辞めてしまったのですが、深夜シフトに関しては、皆さん長年働いている人ばかりでしたね。それだけ居心地がよくて定着率が高かったのだと思います。オフィッス街のファミレスは、一見すると忙しそうですが、夜は閑散としていることが多いので穴場ですよ。
      (暇で楽なバイト体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク