インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

カラオケ店でのアルバイトは人間関係が楽

私が今までやったアルバイトの中で、人間関係が楽だと感じたのは、カラオケ店でのアルバイトです。
カラオケ店でのアルバイトは人間関係が楽
大学生の頃、お昼の時間帯にカラオケ店でアルバイトをしていました。そのカラオケ店は朝5時まで営業なので、お昼は社員さんがいません。その分、バイトだけで仕事を進める必要がありましたし、人件費削減で昼は3人ほどで10:00-18:00をまわしていたので忙しいときもありました。
ですが、アルバイト仲間は年の近い大学生ばかりだったので、人間関係が楽だと感じました。忙しくて手が空かないからキッチンを手伝ってもらったり、レジを代わってもらったりするときも社員さんにお願いするより何かと気楽でした。結果的に、忙しい時間もストレスをほとんど感じることなく、スムーズに仕事を協力してすすめることができたように思います。
バイト先ではみんな仲がよくて人間関係が良好でした。ですからカラオケ店でのアルバイトに行くのが毎回楽しかったです。夜になると会社帰りのサラリーマン、OLたちがカラオケを利用しにやってくるので人、バタバタしていることが結構ありました。
ですから、楽なアルバイトを探してる方なら、お昼勤務がおすすめです。ちなみに私がアルバイトをしていた店舗は休憩中には、空いている部屋でカラオケをうたってもよかったのでそれも嬉しかったです。
繰り返しとなりますがアルバイトはやる仕事内容よりも人間関係が楽かどうかがかなり重要だと私は思います。人間関係が楽であると、それだけストレスがたまりにくく忙しくてもアルバイト仲間との一体感を味わえて楽しい気分になれるからです
カラオケ店でのお昼のバイトは時給もあまりよくなかったですけど、みんなと仕事がしたいので、大学卒業するまでの3年間続けていました。他の人も辞める人はあまりいなかったので、みんな人間関係が楽で居心地がよかったのだと思います。
カラオケ店での仕事内容は主に、キッチンでの調理、フロントでの受付と会計、空いた部屋の片付けがあります。いつの時間帯も数人のアルバイトがいるわけですが、ひととおり1人で全部できるようにならなければいけません。
私の場合、上記の業務の中では、料理をすべて作れるようになるまでは少し苦労しました。分からないことがあったら、時々昼の宴会が入るときは調理場に社員さんがいてくれるのでそのときにまとめて聞くようにしていました。社員さんも聞いたらいろいろ丁寧に教えてくれたのでとても質問しやすかったです。
なお、お会計処理でミスをすることや、クレームがくるということも稀ながらありました。その場ではお客様には丁重に謝るわけですが、それでも怒って帰られる方もおられました。そんな時には、社員さんが後からフォローしてくれました。アルバイトに責任を全部任せるわけではなく助かっていました。
あとは、大学生の場合、急に予定が入りアルバイトを休まなければならないこともちょくちょくあります。そういったとき、アルバイト先での人間関係が楽だということはとても有効に働いていたと感じます。もし人間関係があまり良好でないところですと、バイトを休むって言えなくて休めないことも考えられるからです。私のアルバイト先であるカラオケ店の場合、そんな心配をする必要はなくて、行ける人を見つけて代わって気軽にもらえたので良かったです。
アルバイトはどんな仕事でも試練があるもの。アルバイトに行くのが楽しみだと思えるくらいでないと、ストレスに感じてしまうわけです。ですから、人間関係が楽で仕事をする上で少しでもコミュニケーションをとりやすいところがいいと思います。私は幸い、人間関係が楽な場で働けたので、毎日楽しくアルバイトをしながらいい社会勉強もできたと感じます。
     (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク