インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ゲームセンターでのアルバイトは意外と暇

私は今までやったアルバイトのなかで楽だったのは、ゲームセンターでのアルバイトです。いわゆるゲーセンバイトです。
ゲームセンターでのアルバイトは意外と暇
ゲームセンターでのアルバイトスタッフの仕事内容は接客、掃除が主たるものです。ゲームセンターといえば、ガラの悪い学生がたまに来たりして、いろいろやっかいな問題もありそうなイメージを持たれがちです。確かにそういったケースは夕方以降にはなくはないと思います。
ただ、私はゲームセンターのアルバイトをやっていたときフリーターで、午前中~夕方までの勤務でした。つまり、学生たちが学校に通っているときに私はゲームセンターにいるので、鉢合わせになることがまずありませんでした。朝からゲームセンターに遊びにくるような人もごく稀で、来るにしても定年退職をしたおじいちゃんが来る程度。接客をする機会はたまにしかありませんでした。
やることといえば、掃除がメインということになります。例えば、灰皿にタバコの吸いカスがたまっていれば捨てたり、ゲーム機にホコリがたまっていたら拭いたりといった感じです。とはいえ、ゲームセンターはただゲームをするだけの空間ですから、毎日掃除するほど汚れるわけもなく、時々すれば十分でした。あとは、UFOキャッチャーで景品のぬいぐるみが少なくなっていたら補充するといった程度でしょうか。あとはやることがなく、毎日のように暇になっていました。
もちろん、アルバイトを始めた当初は、いろいろ覚えることもありました。それはどんなバイトでも同じだと思いますが、ゲームセンターバイトの場合、対戦ゲームのやり方を聞かれたときの対応なども覚えました。ただ、もともと私はゲームが好きなので、ほとんどのゲームに関しては問題ありませんでした。
ゲームセンターでのバイトの時給は850円からスタートし、途中から900円に上がりました。仕事に慣れてくるに従って、手際が良くなる分、暇な時間が増えていきました。私はゲームセンターでのアルバイトをしながら、転職活動もしていました。そんななか、運よく正社員の仕事が決まって、ゲームセンターでのアルバイトを辞めることになりました。そのときは既にゲームセンターで1年半ほど勤めていたのですが、何をして暇つぶしをするか考えるのが仕事のような毎日になっていました。
ピカピカのゲーム台を意味もなく掃除をしたり、ただボーっとしたりして、時間が過ぎるのを待っていました。アルバイトスタッフのなかには、隠れてスマホをいじったりマンガを読んでいる人もいるほど、やりた
い放題のバイトでした。
以上のようにゲームセンターでのアルバイトはとても暇で楽なバイトでした。特に午前中~夕方の時間帯はお客さんの数が少ないのでおススメです。
     
        (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク