インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

コンビニでの商品カウントのバイトは楽

私がやってみて楽なアルバイトだと思ったのは商品カウントするアルバイトでした。商品カウントのアルバイトは大学生や専門学校生達に大人気でとても楽な仕事内容で知られています。
コンビニでの商品カウントのバイトは楽
その仕事内容はデパートやコンビニに出向き、在庫数をカウントするというものです。非常に単純な作業ですから コツコツ作業することが苦でない人なら誰にでもできてしまう楽な仕事だと思います。
私は主にコンビニに出向いて商品カウントをしていました。数人のチームで動くのですが、社員さんが運転する車に乗って 現場に向かっています。そしてお客さんの少ない深夜に明け方まで。専用の機械を使って在庫数をひたすら数えていきます。
チームでコーナーを分担して、「この棚が終わったら次はこの棚」みたいな感じで作業を進めていきます。単純作業ゆえに眠さは少し大変でしたが、頭を使わなくていいですし、本当に楽な仕事でした。
なお、コンビニでの商品カウントのアルバイトは、仕事内容が簡単ということもあるのですが、移動時間も時給が発生している点もオトクだと思いました。地方のコンビニですと、集合場所から片道1時間なんてこともありました。
その間、社員さんが運転する車に私たちアルバイトスタッフたちは乗っているわけですが、何とその間にも時給が発生しているのです。片道1時間なら往復2時間分ということになります。ではその間 車の車内では何をしているのかというと、おしゃべりをしてもよしスマホをいじってもよし 居眠りをしていてもよしと何でもありでした。現場が遠ければ遠いほど、移動に時間をかかるわけで、何とも得した気分になったものです。
また、現場によっては予定よりも早く作業が終わってしまうなんてこともありました。そんな時も日当はきちんと予定していた金額で支給されていました。
以上のようにコンビニの商品のカウントスタッフはとても楽なアルバイトでした。人とのコミュニケーション能力もいりませんし、特別な技術やましてや学歴など必要ありません。ただ目の前にある商品を機械でカウントしていくことができれば誰でもつとまる簡単な仕事でした。アルバイト経験がない人や人間関係に自信がない人でも安心して取り組める楽なアルバイトだと思いますよ。
 (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク