インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

コンビニバイトは時間帯によってラク

私が今までやってきたアルバイトのなかで一番楽なアルバイトだと感じたのは、コンビニバイトです。
コンビニバイトは時間帯によってラク
コンビニバイトといえば、大抵はキツイイメージが持たれがちです。確かにそれは間違っていないと思います。店によっては大行列ができたり、息つく間もないほど忙しかったりする場面もあるからです。ただ、そのキツさは、同じコンビニバイトでも勤務する時間帯によって全然違ってくるのです。
ちなみに、私は土曜日の朝の6時から9時までの3時間、近所のコンビニエンスストアで働いていました。その時間帯には掃除や品出しはなく、やることは揚げ物を揚げることとレジをすることくらいのものでした。
平日ならその時間帯は通勤客でお客さんはかなり多い状況でした。ただ、私が働いていた土曜日となるとかなり少なかったです。なぜなら、コンビニ周辺の会社は土曜はほとんど休みになりサラリーマンたちの買い物客がほとんどいなくなっていたからです。
といっても、土曜に出勤しているサラリーマンの方もおられますし、主婦や学生たちが買い物に来るケースも
あるわけです。ですから、暇を持て余すというほどではありませんでしたが、適度に忙しくてかえって楽だなと感じていました。
ちなみに、コンビニバイトの同僚から聞いた話によると、コンビニバイトの深夜シフト(夜勤)はやることがなくて、さらにラクらしいです。もちろん店舗にもよるでしょうが、お客さんが深夜はほとんど来ないからです。夜勤のアルバイトがやることといえば、簡単な掃除と早朝の品出しくらいで、あとはボーっとしているか奥で椅子に座って暇つぶしをしているのだとか・・・。ちなみに、悩みは睡魔と戦うのがキツイことだそうです(笑)
コンビニバイトは一般的には忙しい部類のアルバイトに分類されると思います。ただ、あらかじめ暇になる時間帯を狙って勤務希望をすればコンビニバイトはかなり楽な仕事になると思います。
(楽なアルバイトの体験談 20代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク