関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

コールセンターでの自動車事故受付作業員

私は以前、コールセンターで自動車事故に関する受付作業のアルバイトをしていました。仕事内容は以下の通りです。
5ac98d1d0af445d1ad89accffc6c73e8_s.jpg
仕事中は、事故当事者から事故を起こしたと電話がかかってきます。事故の内容にもよりますが、大体は専門業者を事故の現場に向かわせることになります。

スポンサーリンク



時には警察に連絡もしますが稀なことです。専門業者を現場に向かわせるのは別のチームの人がやってくれるので、私はただ単にどこどこで事故が起きて、事故の内容と個人情報を社内のチームに伝えるだけです。
口頭で伝えた後に社内システムに入力して終了となります。
入力についても、プルダウンメニューがほとんどなので5分程度で済んでしまうことが多かったです。
どうしてこのコールセンターでのアルバイトを楽なアルバイトだと思ったかというと、仕事内容が簡単であるということに加え、一時間に大体2件程度の電話しか受電しなかったことにあります。
日によっては一日中なにも電話がならない日もありました。そんな日は、ただただ電話がかかってくるのを待っているだけでよかったので、本当に楽でしたね。
むしろ暇で暇で退屈してしまったことを思い出します。暇な時間は、他のバイト仲間とおしゃべりしたりインターネットで遊んだりしていました。
スポンサーリンク



時給は800円で一日4時間働いていました。もちろん、電話がかかってこない時間帯にも時給は発生しているわけです。社内には食堂があり便利でした。
私はバイトとしての採用でしたがミニボーナスもあり半年毎に4万円程いただきました。有給も取り放題でしたし暇な部署だったということもあってか、当日に有給申請をだしても通ったほどです。
まさに致せりつくせりです。
同じ部署に私も含め3人バイトはいましたが、正直なところ1人でもまわるのではないかと思うほど暇でした。
それでも電話がたまたま同時にかかってくる事態を想定して多めにアルバイトを配置しているというわけなのです。
あとこのコールセンターでのアルバイトが楽なアルバイトだと思った理由は、意外と専門知識がまるで必要なかったことです。
運転経験がある人ならごく常識的に分かることばかりなので、入社一日目から受電することができてしまうと思います。
田舎のコールセンターだったこともあり、9割以上の人は自動車通勤でした。運転になれている分、事故を起こした人の気持ちも分かりますし事故を起こした時にどうすればよいか容易に想像できます。
クライアントからの1件当たりの単価が良かったので部署の営業成績は良かったです。ですから皆、気持ちに余裕があるのかカリカリしている人は皆無で、お菓子を食べながらのんびり仕事をしていました。
そういったゆるい雰囲気も楽なアルバイトだと感じた要因だったと思います。
ちなみに、ロードサービスではない保険ですとかコインパーキングなどはクライアントの単価が低いので人間関係がギクシャクしていると聞いたこともあります。
そういう意味ではロードサービスの仕事につけたのは運がよかったと思います。あと私服通勤OKでしたし、交通費もでました。残業代も1分単位でるほどきっちりしていました。
使っているパソコンが最新のものというのも快適でした。会社がロードサービスに力を入れている分、iPadを使ったシステム開発などに参加もできて刺激的でしたね。
人間関係で悩むことは何もありませんんでしたし、仕事でミスをしてもチーム全体でフォローしてくれました。そんなストレスフリーな現場で仕事ができ精神的にも楽に仕事をつづけることができたように思います
   (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク