インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ショッピングモールでの通行量カウント調査

楽なバイトと聞くと真っ先に思い出すのが、ショッピングモールでの通行量カウント調査のアルバイトです
ショッピングモールでの通行量カウント調査
それはショッピングモールの入口でお客様の数をカウントして記録するという簡単なアルバイトです。カチカチボタンを押したら数字が増えていくカウンターを使ってひたすら数えていきます。その際に、「男/女」、「入店/退店」、「大まかな年齢層」に分けて数えていきます。年齢層については「20歳未満、20~39歳、40~59歳、60歳以上」に分類するケースが多いです。
作業は折り畳み椅子に座って行うので足が疲れるということはあまりありません。40分カウントしたら20分休憩で、昼休みは別途あるといった感じが多かったです。作業がとにかく超簡単な単純作業なので、未経験者でも安心して取り組める楽なアルバイトだと思います。
ショッピングモール内での通行量カウント調査は、作業内容としては交通量調査と似ていますが、路上で行う交通量調査に対してショッピングモールカウント調査は、ショッピングモール内でおこなうので、日焼けや気候の変化をうけにくいです。ですから、女性でもやりやすい仕事なのではないかなと思います。
なお、向いていない人は黙々と単純作業をするのが苦手な人でしょうか。皆でワイワイしゃべりながらパワフルに働きたいみたいに考えている人なら、ショッピングモールでのカウント調査バイトは物足りなさを感じると思います。なんせ「ラクで暇過ぎ」ますから!
特に買い物客が少ない平日の昼過ぎなどは眠さとの格闘になります。ちょうどいい温度で椅子に座ってボーっとしていると睡魔が襲ってくることがしばしばありました。
まあ、それくらいしか悩みがない楽なアルバイトということです。それだけ楽なアルバイトであるので当然のごとく人気が高くて、募集が始まったすぐに定員に達してしまうということも少なくありません。やってみたい人はできるだけ早めに応募することをお勧めしたいと思います。
なお、注意点としては、通行量カウント調査も調査会社によっては立ちっぱなしで行うというケースもあります。その場合、仕事内容が簡単であることには変わりないのですが、足が棒のようになって違う意味でハードなバイトになるので事前に確認しておくのが良いと思います。
     (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク