インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ショッピングモール通行量カウント調査

人間関係が楽なアルバイトといえば、真っ先に思いつくのが、ショッピングモールでの通行量カウント調査のアルバイトです。
ショッピングモール通行量カウント調査
通行量調査は、ショッピングモールにどんな客層の人が何人くらい出入りしているかを調査する調査です。その結果をふまえて施設は、店内のサービス向上などにつなげていくのだそうです。
通行量カウント調査のアルバイトたちがやる作業はとても簡単です。ショッピングモールの出入り口の端に置かれた椅子に座って、出入りする人数をカウントしていくだけです。カウントする際には、性別、(大まかな)年齢層、進行方向(入店OR退店)ごとに分類しながらカウントしていきます。未経験者でもすぐに慣れる作業だと思います。椅子に座っての作業ですし、体力的にも楽。ショッピングモール内だけに冷暖房もきいていて、外の気候条件に左右される心配もありませんでした。
さらに、調査中は各スポットにひとりずつ配置されるだけに、アルバイト同士で協力して仕事を進めるわけでもなく、とにかく人間関係が楽でした。誰かとコミュニケーションをとる場面があるとすれば、通行人にトイレの位置を聞かれる程度。あとは、ショッピングモール内に待機している調査会社の社員さんがごくたまに巡回してきて「お疲れ様です。順調ですか?」みたいに声をかけてくるときくらいでしょうか。いずれにしても、人づきあいを考える必要は全くなしと言っても過言ではないほど、人間関係が楽なアルバイトでした。
ショッピングモールでの通行量カウント調査は40分やったら20分の休憩。それとは別に昼休みもありました。あまりに簡単過ぎる仕事内容に加え、休憩が小まめにあるというのはとても楽でしたね。注意点があるとすれば、腕時計をきっちり合せておく必要があることくらいでしょうか。調査だけに正確さが求められているため、その点だけはきちんと時計が合っているか注意していました。あとは、調査中に居眠りしないように前日はしっかり睡眠をとっていました。長時間単調な作業をしているとどうしても眠たくなってしまいますので・・
ショッピングモール内での通行量調査バイトの時給は850円ほどと、ほどほどでした。ただ、その楽な仕事内容と人間関係の楽さから考えると、十分割りが良いと感じました。
  (人間関係が楽なアルバイトの体験談 20代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク