インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

スーパーでの試食販売の仕事体験談

私が今まで経験したアルバイトのなかで一番楽で割が良いと思ったのは、スーパーマーケットでの試食販売(マネキン)の仕事です。かれこれ数年前になりますが、私は派遣会社に登録して、単発のアルバイトでときどき仕事をしていました(試食販売(マネキン)の求人は、アルバイト誌や【アルバイトEX】スーパーでの試食販売の仕事体験談などアルバイト求人サイトによく掲載されています)
スーパーマーケットでの試食販売(マネキン)とは一体どんなお仕事かというと、試食コーナーでウインナーやハンバーグなど焼いて試食を配っている人を見かけたことがあるかと思いますが、あれです。
スーパーマーケットでの試食販売(マネキン)のお仕事をスタートしたきっかけは、登録していた派遣会社から入っていた一本の留守番電話でした。「お疲れ様です。明日、ご予定は空いてませんか?もし空いていましたら、お近くのスーパーマーケットでのお仕事をお願いしたいんですが」。折り返し派遣会社に電話をしたところ、試食販売(マネキン)のお仕事をお願いしたいとのこと。試食販売(マネキン)は初めての経験で何の知識もなくてできるかなあ?と不安に思ったのですが、初日は派遣会社の人が同伴していろいろ教えてくれたので大丈夫でした。
以下、スーパーマーケットでの試食販売(マネキン)の1日の流れを以下、簡単に書いてみたいと思います。まず朝、指定されたスーパーマーケットに行き、「○○からまいりました○○です。よろしくお願いします」という感じで担当者にあいさつします。私は肉コーナーに毎回出入りしていました。そうしたら「おはよう。今日もよろしくね」みたいな感じで挨拶を返してくれ「派遣会社さんから機材届いているよ」と指示してくれます(2回目以降は同じ段取りなのでそこは省略ですが)。派遣会社からは、試食販売で使う台車や機材(ホットプレート、包丁、まな板、、紙皿、ごみ袋など)が事前に送られてきています。
スーパーが開店したらいざお仕事開始です。エプロンや三角巾をしてまずすることは買い物です。一体何を買うかというと、野菜(レタスやパプリカなど)です。その野菜は、試食を並べる紙皿を彩りを鮮やかにして美味しく見せるためです。必要なものが揃えば、試食販売の台をゴロゴロ押して担当者から指定された場所でいざ、試食販売をスタートします。
スーパーでの試食販売の仕事体験談
その日によって試食販売で販売する対象商品は違っていますが、例えばウインナーならウインナーを売っているコーナーの横に試食販売用の台車をセットします。
そこでまな板と包丁を出してきて、包丁で簡単に切れ目を入れた後、ホットプレートで焼いていきます。
それらを紙皿に並べ、お客様が試食しやすいようにつまようじをさしていきます。その周囲には朝購入した野菜を添えて彩りよく見せます。
開店からしばらく経つと、主婦の方々がウインナーが焼けるにおいに引き寄せられ寄ってきます。そうしたら私はすかさず、ウインナーのつまようじの突端をつまみ「いらっしゃいませ~おひとつどうぞ!」とお客様に手渡すわけです。「わあ、ありがとう。ん~~おいしい!」という言葉とともに「○○のウインナー、今日は特売日でお安くなっていますよ」とそのウインナー商品の宣伝をします。すると中には「美味しかったし、ひとついただいていくわね」とショッピングカートに商品を入れていかれる方もいらっしゃいます(マネキンは宣伝だけで、金銭のやりとりはしません)。商品がいくら売れたかなどノルマはなかったのですが、やはり商品が売れていくと試食販売(マネキン)がそこにいた意味があるわけでやりがいを感じていましたね。
上記のような感じで、スーパーマーケットでの試食販売(マネキン)の仕事は、スーパーマーケットが閉店する時間まで続いていきます。立ちっぱなしの仕事ですし「いらっしゃいませ~ウインナー特売日ですよ~いかがですか~?」などと幾度となく連呼しなければなりませんが、お客様と会話をしているうちに結構あっという間に時間は過ぎていく感じでした。人と話をするのが好きな人にはスーパーマーケットでの試食販売(マネキン)はとても楽しい仕事だと思います。試食を召し上がっていただき少し話をするだけで、結構商品を買ってもらえるものですし、「ありがとう」と感謝されるのもうれしいものです。
また、派遣会社からは、「試食販売の調理の仕方や盛り付け方など自由にやってください」というように指示されていたので、自由にアレンジする楽しみもあります。例えば、ウインナーをタコさんの形に切って焼いたり、いろいろな種類の野菜を使って花に見えるようにデコレーションしたり。そうしたら、家族連れでやってきた小さな子供さんが「これかわいい!」「これきれい!これお家でも食べたい!」みたいに喜んでくれて、お互い笑顔になるし商品も売れるわで一石二鳥ということも結構ありました。
あと、スーパーマーケットでの試食販売(マネキン)のお仕事は、日給が良いという点も魅力的でした!これだけ自由にできてストレスもたまらない楽な仕事なのに、日給は9000円くらいもらっていました。一体こんなに試食販売(マネキン)スタッフに支払って派遣会社は採算が取れているんだろうか?としばしば心配になったほどです。スーパーマーケットでの試食販売(マネキン)をやってみたい人は、アルバイト誌や【アルバイトEX】スーパーでの試食販売の仕事体験談など求人サイトで募集がよく見つかりますよ。毎日勤務するわけではなく、土日など特売日に合わせて仕事があるため、副業にも向いていると思いますよ。
                             (楽な派遣の仕事体験談 20代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク