インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

スーパーでの試食販売の派遣バイト体験談

アルバイトというと、長く続けると人間関係がわずらわしくなって嫌になった事ってありませんか?仕事内容が楽であっても、職場に派閥があったりややこしい人と毎日顔を合わせたりせねばならないとなると、ストレスが溜まって大変です。
私の場合、学生時代にスーパーマーケットのレジでアルバイトをした事があるのですが、派閥のようなものがあってとても面倒だったことを覚えています。少し気に入らない人がいたら自分と同じ給料なのが気に入らない!みたいに勝手に嫌う人がいたり・・理解の出来ないところで歪な人間関係が絡んできました。仕事自体は特に問題なくこなすことはできていたのですが、結局、そんな人間関係に悩みスーパーマーケットでのアルバイトを辞めてしまいました。
しかし働かなければ生きていくことはできません。いろいろな仕事を考えた末、「派遣バイトなら人間関係に気を使わなくてもいいかも?」と思い、ある派遣会社に登録しました。派遣会社は探せばいろいろな会社がありそれぞれ強みが違っています。大きく分ければ事務系、工場系、作業系・アパレル販売系・食品販売系・イベント設営系運営系・レジ接客系あたり。
その中で私は、食品販売とアパレル販売の仕事に強みのある派遣会社に登録しました。派遣登録して話を聞いてみたところ、アパレル販売の場合、数ヶ月単位で同じお店に入店し、バイトと同じようなシフトで週に決められた回数・時間で出勤する仕事が中心だと分かりました。正直これでは期限付きなだけで今までやってきたアルバイトとあまり変わらないな…と思い辞退しました。同じように人間関係で悩むことになる可能性が高いと思ったからです。
スーパーでの試食販売の派遣バイト体験談
一方、食品系の仕事案件は違っていました。土日を中心に単発の派遣バイトが多かったのです。食品系の案件のなかで私が目を付けたのは「試食販売員」でした。試食販売員はマネキン業のひとつなのですが、スーパーや百貨店等でウインナーやお菓子の推奨・試食販売を仕事としている人のことです。
スーパーマーケットでアルバイトをしていたとき、試食販売員の人が出入りしていたのを見かけたことがありました。その時思ったのは、ひとりで作業をしていて人間関係が楽そうだなということでした。そんなこともあり、試食販売員(マネキン)の仕事に興味を持った私は、派遣会社の方にそれを伝え試食販売員(マネキン)の仕事を主に紹介してもらうことにしました。
派遣登録から約1週間後、私はとあるスーパーマーケットの店頭に試食販売員として立っていました。その仕事自体は簡単そのものでした。マニュアル通りにすればいいこともあり、私にはすごくあっていると感じました。そして何より、一番気にしていた職場での人間関係ですが、人間関係が楽な仕事だということも分かりました。
派遣会社によってやり方は違っているかと思いますが、私が登録した派遣会社の場合、大手食品メーカーに依頼させた食材を、指定された小売店に販売に行くスタイルでした。近所の店では顔見知りが来る可能性があるということで、通勤には一定以上の時間がかかる場所にあるスーパーマーケットが指定されていました。ときには片道一時間以上かかるスーパーマーケットに行ったこともありました。
知らない土地に片道一時間以上かけて通勤するとなると、拘束時間が実質一日となりその点は辛いと感じることもありました。ただ、試食販売員(マネキン)としての仕事はいつも楽なものばかりでした。お店にとっては小さなイベントである試食販売。どのスーパーマーケットでも店員さんが手厚く(試食販売を行うスーパー内での)場所を教えてくれたり休憩室を案内してくださるなどして人間関係も楽でした。
試食販売中は、ウインナーなど指定された食材をホットプレートであたためて、つまようじをさして買い物客に食べていただくような感じで進めていきました。立ち止まって商品に興味を持たれた方には、簡単に商品の説明。フランクで話しやすい接客を心がける事で逆に売り上げも伸びていました。たわいものないおしゃべりが私にとって、楽しく会話ををするだけで売り上げも上がって店の人にも喜ばれるのはうれしいことでした。
また、試食販売員(マネキン)は1日を通してひとりで作業をするだけに、現場での人間関係も楽で私にとって本当に相性のいい仕事だと感じました。私が登録した派遣会社ではたくさんの試食販売員を派遣していました。ただ、それぞれ違うスーパーマーケットに派遣され個人単位で動くので、他の派遣スタッフと張り合う事もありませんでした。当然のことながら、派閥なども存在しませんでした。
派遣会社の社員さんとは、基本的にメールでの連絡のみなので、その点も人間関係が楽でした。ごくたまにスーパーマーケットに巡回に来られていましたが、何か問題はないか聞かれる程度でした。現場では周りの目も気にせずひとりでのびのび仕事に励めるので本当に気楽でした。
いままで悩んでいた職場での人間関係のしがらみから解放されて本当によかったと思いました。田舎にあるスーパーマーケットに派遣された時、就業時間を終えてバスに向かうと次のバスは40分後…みたいなときもありましたが、悩みはといえばそれくらいのものです。もし今この記事を読んでいる方のなかに、職場での人間関係でお悩みの方がおられれば、試食販売員(マネキン)の派遣バイトはいかがでしょうか♪
  (人間関係が楽な派遣バイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク