給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

スーパーマーケットでの品出しバイト

私は今スーパーマーケットで週2回 ( 1日5時間 )品出しのアルバイトをしています。
スーパーマーケットの売り場で、商品の補充をするアルバイトです。まだこのスーパー品出しのアルバイトを始めて数か月ですが、今までしていたアルバイト(精肉店、他のスーパーのレジほか)の中で楽な仕事だと感じています。
このスーパーマーケットでの品出しのアルバイトが楽な仕事だと思う理由は3つあります。
1 人間関係がとても良い
2、仕事内容が簡単で楽
3、お金の無駄遣いが減った
1人間関係がとても良い
アルバイトの面接の時に店長を初めて見たときに、(大変失礼ですが)見た目がかなり怖く、裏にいた他の男性社員方も大柄で顔つきが怖かったので、アルバイトを初めたばかりの頃はドキドキしながら、品出しをしていました。しかし、分からないことを質問しながら働いているうちに、第一印象とは違い社員やパートさんは「頑張れ」と励ましの言葉を言ってくれるなどやさしいことが分かりました。
中でも店長は、明るく冗談を言っていていつも見ていて癒されています。「仕事は楽しみながらやるんだ。」と言い、いつもレジやメニュー開発、商品陳列、各部門長との売上についての話などしてくれます。いつも明るく人間関係を大切にしているような人だと私は感じています。今までここまで優しい店長には出会った事がないので、気楽に品出しの仕事をすることができています。
2 仕事内容が簡単で楽
a0002_001233.jpgスーパーマーケットでの品出しのアルバイトは、売り場の商品補充をするのがその仕事内容です。
スーパーの裏方的存在で、冷蔵庫や冷凍庫などから、商品を出してきて、品薄になっている商品を前出ししながら補充していきます。
とても簡単で楽な作業です。
なお、品出しのアルバイトでは、ジュースなど商品を冷蔵庫から運び出して台車に積むなど、作業をする場面がたくさんあります。私は元々体力や腕力がなく、最初のうちは、スーパーで袋一杯に詰めた物を持つだけでしんどいなと感じていました。しかし、仕事に慣れてくるに従って知らないうちに腕力もついたからか、楽になり最近は全く重いと感じなくなりました。ちなみに、昨日久々に体重計に乗ったら、体重が2kg減っていました。特にダイエットをしているわけでもはないので、これはこのスーパーマーケットでの品出しのアルバイトのおかげだと考えています。
3 お金の無駄遣いが減った
私は新商品や、期間限定商品が大好きでスーパーやコンビニで見かける度に買っていました。しかし、スーパーで品出しのアルバイトを始めてからは、何曜日はここのお店で買った方が安いと知り、無駄遣いをしなくなりました。いろんな意味で社会性や金銭感覚が身につき、自然と節約するようになってから、生活も楽になっています。
以上のように、スーパーマーケットでの品出しのアルバイトは私にとっていろいろな意味で楽な仕事です。それは仕事内容が簡単ということもありますが、人間関係が良好であるなど、精神的にも楽だという点も重要な要素だと感じています。このアルバイトを始めるまでは「働く=しんどい」というイメージしかありませんでしたが、決してそうではないということも知りました。このスーパーマーケットでの品出しのアルバイトを今後もまだまだ続けていきたいと思います。
     (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク