スーパー品出しバイトがラクだと思った理由

1fb736ab52d5e8b2d1e5d8d296ed858b_s.jpg
私が 私が経験したアルバイト中で一番気楽に出来たと思うのはスーパーマーケットでの品出しのアルバイトです。
スーパーマーケットでは、お客様が商品を購入されるたびに、売り場の商品が少なくなってきます。品数を切らさないようにバックヤードから新しい商品を運んできて補充をする。それが品出しバイトの役割です。

スポンサーリンク



どうしてスーパーマーケットでの品出しバイトを楽なアルバイトだと感じたかというと、理由は二つあります。
一つ目は、仕事が単純で簡単だと言う点です。
なんせ少なくなった商品をチェックしてバックヤードから運んでくるという単純な作業ですから。
バックヤードのどの部分に該当する商品があるかどうかは最初のうち慣れるまでは少し時間かかるかも分かりませんが。
ただ、それは1日もやると慣れてしまうことですし、初日でもメモしておけば全く問題ありませんでした。
例えばジュースを補充する場合、バックヤードのなかから該当するジュースの業務用ケースを探して取り出してきます。それを台車に乗せて売り場に運んで補充をするという作業を行います。
そして、商品を出して残ったダンボールは潰して、ある程度まとまったら、スーパーマーケット内のゴミステーションに捨てに行くという作業を行います。
スーパーマーケットでの品出しバイトは、作業自体とても単純で簡単であるために、未経験者の人でもすぐになじめる仕事ではないかと思います。
スポンサーリンク



スーパーマーケットでの品出しバイトを楽なアルバイトだと思った二つ目の理由は「人間関係が楽だ」という点です。
基本的にスーパーマーケットにはたくさんの人が出入りしていますが、品出しのアルバイトは基本的に一人で作業を行います。その点、共同作業ではないということがとても楽でした。
もちろん時間内にきちんと作業をできることが前提でありますけれども、それさえできればあとは自分の自由にし放題でした。
私の場合、最初の1時間ぐらいでテキパキ仕事をして後は 適度適当に休憩室で休憩を取りながらダラダラと作業していたものです。そんな風にしていても誰から何か言われることもありませんでしたし気楽なものでした。
もし共同作業なら、監視の目があちことにあるわけですし、ややこしい人がいればそれだけでも疲れてしまうことでしょう。それが一人で作業できるだけに、精神的にもとてもラクだったのです。
以上の様にスーパー品出しバイトは私にとってとても楽なアルバイトでした。仕事が簡単で更に人間関係も楽だからというのがその理由です。
求人募集はアルバイト求人誌などでもたまに見かけますが、大抵はスーパーマーケット内の壁に貼り付けてあるので、もしやってみたい人はスーパーマーケット内を探してみてはいかがでしょうか。
レジを出て商品を袋に入れるエリアに貼りだしていることが多いです。
   (楽な仕事の体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク