インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

スーパー品出しバイトは自由にマイペース

私はスーパーマーケットで品出しのアルバイトを以前していたことがあります。その品出しのアルバイトがとても楽なアルバイトでした。
スーパー品出しバイトは自由にマイペース
スーパーの仕事といえば、レジ打ちのイメージがあると思います。レジ打ちは私も少しやっていたことがあるのですが、結構大変です。レジの後ろに並ぶお客様に対応し買い物かごの中に入っている商品を的確にレジに通して精算をするという作業を延々と繰り返してきます。そこには正確さと機敏さが求められます。
一方、同じスーパーマーケット内の仕事でも、「品出し」の場合はマイペースでできて本当に楽です。スーパーマーケットという人がたくさん出入りする場所で働いていながら ほとんどお客様と接することはありませんし、ひとりで黙々と作業をするだけだからです。
「品出し」とは一体どんな業務なのかというと、売り場に商品が常に満たされているかをチェックして、補充をしていくというものです。不足している商品があればバックヤードから在庫を取り出してきて陳列するという作業を行うのです。
私の場合、冷凍食品コーナーを主に担当していました。お客様が買い物をされると冷凍食品も数も少なくなってきます。そういった状況をチェックして少なくなってる商品をチェック。そして、在庫バックヤードの冷凍庫から探してきて補充していく。それが私の役割でした。
冷凍庫の中は寒いですけれども、もともと厚着をして出勤しているので問題はありませんでした。在庫が入った段ボール箱を見つけると、それを荷台に積んで売り場に戻り、商品の補充をしていきます。なおそこでは、「前出し」といって、早めに売りたい賞味期限が迫っている商品を前の方に出すという作業も行っていました。本当に機械的で楽な仕事内容だったと感じます。
私はこのスーパーマーケットの品出しバイトを気に入っていて、とても楽なアルバイトだと感じていました。どうして楽なアルバイトだと感じたのかというと、その理由は仕事内容が上記したように簡単であるという点。さらには作業はひとりで行うため、気を使わなくて済むという点でもラクでした。
品出しの作業は基本的に一人で作業を行います。ですから、言ってみれば「自由」なのです。売り場に商品が並んでいさえすれば、自由に休憩を取ることもできましたし、作業をゆっくりしても問題ありませんでした。ですから、私の場合、出勤したあとに休みなくスピーディーに作業をして、あとはバックヤードで適当に休憩していました。
バックヤードならお客様から見えませんし、誰かに叱られたり注意されたりすることもありませんでした。ですから自分のペースでのんびりできるという点でも、スーパーの品出しのアルバイト本当に楽なバイトだと感じました。
なお、売り場で商品を陳列してる時に、お客様から時々声をかけられることはありました。大抵は「牛乳はどの辺りにありますか?」ですとか「お弁当のコーナーはどこらへんですかね?」みたいに売り場の場所を聞かれるというものでした。
ですから、そのスーパー内でどこにどんな商品を売っているのかを知っていればより仕事はやりやすくなると思いました。以上、スーパーマーケット品出しバイトの体験談でした。
(楽なアルバイトの体験談 20代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク