セルフガソリンスタンドは暇で楽すぎた

7ddb6de783cc96e0be4512f5754605fc_s.jpg
私が今までで一番楽な仕事だと思ったのはセルフガソリンスタンドのスタッフです。
ガソリンスタンドといってもスタッフがガソリンを入れるタイプではなく、お客様が各自行うタイプのガソリンスタンドです。ですから、基本的にやることがほとんどないんですよ(笑)

スポンサーリンク



やることは事務所に待機して監視モニターで不審な行動をしている車がないかを見ているくらいです。
問題なければ機械的にボタンを押していくだけ。あとはごく稀にですが、使い方が分からないみたいな用事で事務所にお客様がやってくることもありますが、そのときは方法をお伝えするだけです。
まあ基本的には誰も事務所には来ませんが。
日中であっても楽な作業ですが、私が勤務していたのは主に夜間だったので暇で暇で仕方ないという状況でした。
働く身からするとまさに天国ですね。深夜となるとやってくる車の台数は激減します。せいぜい来て1時間に20台くらいのものでしょうか。
それらをモニターでただ見てるだけという感じでした。ですから、監視モニターを見つつ、ひたすら携帯をいじっていましたね。
さすがに居眠りはできませんが、それ以外なら何をしていても自由という感じでした。
スポンサーリンク



セルフガソリンスタンドの仕事を楽な仕事だと感じたのはもうひとつ理由があります。
それは基本的に仕事は1人で行うということです。
いろんな人と働くと、ややこしい人がひとりでもいたら楽な職場も地獄と化す可能性があるでしょう。それが一人なら誰かに気を遣うこともないため精神的にも楽な仕事でした。
他のスタッフとコミュニケーションをとるのは仕事に入る時と勤務時間が終わるときくらい。いわゆる引継ぎというやつですが、毎回同じような報告書をやりとりして「今日も特に変わったことはありませんでした。
連休前なので少し車が多かったですかね~」「ではよろしくお願いします」みたいに話す程度でした。
なお、セルフガソリンスタンドの仕事をするには、乙四の資格を取っておくとよいと思います(応募条件に含まれていることが多いです)。
簡単にとれて履歴書にも書ける資格なので持っていて損はないと思います。以上のようにセルフガソリンスタンドの仕事は楽な仕事でした。
給料もなかなか良いので、セルフガソリンスタンドでの仕事は、のんびりお金を貯めたい人にもおすすめの仕事です。
   (楽な仕事の体験談 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク