インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

セルフガソリンスタンドバイトは神バイト

私が今までやったことのあるアルバイトのなかで一番だったのは、セルフガソリンスタンドでのアルバイトです。あくまでも「セルフ」というのがポイントです。
というのは「セルフ」のガソリンスタンドは、お客様が自分で給油するスタイルだからです。つまり、私達アルバイトスタッフがやることといえば、不明な点があれば質問にお答えするなど補助的なお手伝いくらいのもの。
セルフガソリンスタンドバイトは神バイト
セルフガソリンスタンドでの仕事は概してラクなのですが、一番おススメは「夜勤」です。私の場合、夜9時から朝7時までの夜勤で、某セルフガソリンスタンドでのアルバイトをしていました。その感想は「暇で楽すぎる」というのに尽きます。夜の9時台、10時台はそこそこ車はやってくるのですが、それ以降の深夜となると、車の数は激減。やってくるのは長距離トラックくらいのものです。正確に数えたことはありませんが、勤務時間トータルでやってくる車輌は大体40台くらいでしょうか。1時間あたりになおしたら4台くらい。しかも、その多くは勝手に給油して自分で精算していかれるので、アルバイトスタッフがやることは何もないわけです。
あまりに暇で暇で暇すぎて・・こんなので本当にお金をもらっていいのかな?と何度も疑問に思ったほどです。やることがあまりに少なくて、事務所でテレビを観ているか、ひたすらスマホゲームをして過ごしていました。仕事をしているというよりは、留守番をしているという感覚に限りなく近いと思います。人とのコミュニケーションをする場面も本当に少なく、人づき合いが苦手な人でも安心して取り組めるバイトです。
朝が来て勤務時間が迫ってくると日報を書きます。その頃には朝から勤務スタートのアルバイトスタッフがやってくるのでバトンタッチして終わりです。以上のように、セルフガソリンスタンドでの夜勤は、あまりに暇で楽すぎる神バイトでした。
    (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク