インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ダンススタジオでの事務員バイトは暇で楽

学生時代に短期バイトを中心にいろいろやっていましたが、その中でスタジオの事務員バイトはとても楽な仕事でした。私がアルバイトをしていた某スタジオはダンススタジオで、ダンス講師などに教室を時間貸しするという形で運営を行っていました。
ダンススタジオでの事務員バイトは暇で楽
例えば、ある曜日のある時間帯は社交ダンスの講師がクラスをもっていました。10数人の生徒さんが習いに来ていて1コマあたり1時間半の時間が設けれていました。
私達事務員バイトの役割は本当に少ないものでした。各レッスンの間にスペースを簡単に掃き掃除をして、照明をつけたりエアコンをセットしておくくらいのものです。レッスンの時間が迫ってくると、ダンス講師が事務所に挨拶にやってきてきます。そのときは、レンタル料の支払いや日時変更などに対応し、こちらからお知らせがあればお伝えするということをやっていました。あとは全てのレッスンが終わったら忘れ物チェックをしてエアコンを切り、施錠して終了です。
生徒さんに関しては各ダンス講師が対応してくれるので、事務員が直接生徒さんと関わることはほとんどありませんでした。もし初めての方でどの教室か迷っている方がおられたら声をかける程度でした。
以上のような仕事内容を週3~5回のペースでやっていました。オーナ-は他にもいくつかの施設を経営していて、ごくたまにやってくる程度でした。ですから勤務中は基本的に事務室でひとりだけなので、気楽なものでした。スケジュール管理に関する資料作成やpcでの告知作業などやることもありましたが、そんなに時間がかかるものではありませんでした。ですから、暇になったらスマホをいじったり雑誌を読んだり、学校の課題をやったりして暇つぶしをしていたものです。
仕事をしているというよりは、どちらかというと留守番をしている感覚に限りなく近かったですね。バイト料は決して高くはありませんでしたが、留守番代として考えると非常に満足いく金額でした。私の場合、このアルバイトは大学サークルの先輩からの紹介で引き継ぐ形でありつきましたが、世間には楽なアルバイト・楽な仕事もあるものだなあと思いました。
    (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク