インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

テレアポバイトを楽だと思った理由

今まででやったことがあるアルバイトの中で、一番人間関係が楽なアルバイトだ思ったのはテレアポのお仕事です。
テレアポバイトを楽だと思った理由
10人くらいの規模の部署がいくつかあってみんながそれぞれライバルです。また、テレアポの仕事は、電話先のお客様からクレームを受けることもしばしば。そんな意味では、決して楽アルバイトといえないかもしれません。
ただ、テレアポそのようなアルバイトであるということもあって、仲を深めるためにみんなで休みの日に遊びにいったりするんです。そういった行事のおかげでアルバイト同士の人間関係が良好で上司との信頼関係も自然とできあがっていました。その結果、職場での人間関係は楽で居心地のよいものになっていました。
とはいえ、仕事には厳しい雰囲気もつきまといます。全体を統括するマネージャーとよばれる人がいるんですが、その人は全体の営業の成績がわるいと個々の部署の責任者を激しく怒鳴りつけるんです。部署の責任者の人をアルバイトの人間はそれぞれ信頼してついていってるので、責任者が怒られてるのを見ると頑張って数字をマネージャーに見せつけてやろうと思うんです。
また、マネージャーは決して怒るだけではありせん。人を見る能力に長けていて一人一人の表情や変化を意外にもしっかり見てるんです。
例えば、私は一時期、営業成績が落ちてしまったとき、精神的に追い込まれたことがありました。私はいつもにこにこしてるタイプだったので、マネージャーに呼ばれ成績が悪いと怒られたときでさえへらへらしてたんです。でも何だか一気に悔しさが溢れてきて帰りエレベーターに乗りながら泣いてしまいました。
そしたらマネージャーが後ろから追いかけてきて「大丈夫か?」と色々励ましの言葉をかけてくれたんです。全体で40人以上いる人間の中の1人1人ととても真剣に向き合ってくれる方でした。
そういったマネージャーの下だったからこそ、さらに頑張ろうと思うことができました。今ではもうテレアポのアルバイトは辞めてしまいましたが、いつもマネージャーが私にかけてくれた言葉を日々思い出して頑張っています。
また、当時仲良くなったテレアポのアルバイト仲間とは今でも時々休みの日に食事をしに行ったりSNSで交流したりしています。今になって考えてみれば、とても貴重で素敵なアルバイト経験をさせてもらえたんだなと思ってます。これだけ頑張ることの意義を知ることができて、これだけ信頼できる上司な出会えて、これだけわたしと仲良くしてくれる仲間に出会えてとても幸せです。
いつか機会があればテレアポのアルバイトをまたしてみたいと思います。そのくらいテレアポのアルバイトは人間関係が楽でとてもいいお仕事でした。
(人間関係が楽なアルバイトの体験談 20代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク