インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

テーマパークの単発バイトは仕事内容も楽

私は以前、社会復帰の練習も兼ねて、派遣会社に登録して単発バイトをしていたことがあります。その派遣会社では単発バイトを中心に紹介していました。いろいろな案件から自分ができそうなものをチョイスして問題なければ派遣されます。私が最初に取り組んだのは大阪の有名テーマパークで単発バイトです。「やってみてあかんかったらまた探したらいいわ」という気軽な気持ちで応募し無事に採用枠に入りました。
テーマパークの単発バイトは仕事内容も楽
そのテーマパークには直接雇用のスタッフが複数いて、その他に私のような単発の派遣スタッフが数名入って補助的な役割をしていました。
テーマパークという仕事柄、女性の多い職場でした。女性ばかりの職場はいろいろ人間関係がややこしくなるケースもありますが、お客様に対してそれぞれが接客をするので、スタッフ同士が話す事はそんなにないという感じでした。また、私たち単発の派遣スタッフに任される仕事はどれも簡単なものばかりでした。
ごく簡単な知識を覚えてお客様に案内するだけ。込み入った質問がきたら直雇用のスタッフにバトンタッチすればいいという感じでした。悲しいかな派遣スタッフは戦力として期待されているわけでなく、使い捨てみたいに思われているのが現状でした。実際のところ「派遣ってホントに使えないよね」と直雇用の人々が話している声を聞いたこともありました。
それでも膨大な数のお客様を直雇用のスタッフだけではさばききれないから、私達派遣スタッフが要るわけです。ちょっとは派遣も大事にしてよねと思ったりしました。
とはいえ、仕事にディープな人間関係を求めていない私にとっては、それくらいのドライな人間関係が気楽でした。何度か勤務する内に、色々なスタッフと面識はできても仲良くなるほどのこともなく、女性同士たわいのない話をして時間をつぶす感じでした。派閥のようなものも皆無で指示されたことを淡々とこなしていけばいいという感じで気楽なものでした。
直雇用のスタッフは社員さんから朝礼のとき「土日は休めると思うな、みんなが遊んでいるときに働くのが私達の仕事」みたいにはっぱ掛けられていました。一方で私達派遣スタッフは特にそういったことは言われませんでした。黙々と片付けやチケットの数確認など地味作業をすれば良いだけでした。
仕事を通して自分磨きや遣り甲斐を求めている人にとっては物足りない仕事かもしれませんが、私にとってはそれがむしろ好都合でした。なぜなら、仕事がとても簡単だったこともあり、テーマパークの雰囲気を精神的な余裕をもって楽しめたからです。
テーマパークでの派遣バイトは、派遣会社のなかでも意外と人気がありました。その楽な仕事内容が気に入ったのか、人間関係が楽な状況が気に入ったのか、それ以外の理由があるのかは分かりませんが。中には直雇用の面接に行きたいと希望を出した派遣スタッフもいたほどです。
以上のように、派遣会社を通してやったテーマパークのバイトはお試しのバイトとしては非常にいい仕事だと思います。人間関係が楽で、簡単な仕事内容ゆえプレッシャーがかかることがほとんどないからです。継続して仕事に入るために必要なことは、無断欠勤当日欠勤はしないことくらいですかね。真面目に指示されたことをコツコツやっていれば誰でも問題なくできる仕事だと思います。
テーマパークの案件については 派遣会社から追加募集のメールが来ることも割とありました。追加で募集があったのかもしれませんが、おそらく急遽欠勤者が出た場合も想定して余分に人材を揃えておきたいからだと思います。それは派遣スタッフにとっては実は好都合なことです。というのは、仮に欠勤者がいなかった場合、決められた量の仕事に対して余分な人数でやってしまうことで仕事が早く終わってしまうからです。とはいえ、あまり早く終わってしまうのもかえって問題なので、当初予定されていたより多くの休憩時間が与えられることで調整することが多いです。そういったおいしいケースが発生するのも派遣スタッフならではの特権といえるかもしれません。
   (人間関係が楽なアルバイト 40代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク