データ入力バイトの魅力について

これまでに経験してきたアルバイトのなかで1番楽なアルバイトだと思ったのは、データ入力のアルバイトです。
aecf6edd470eda7821328d12e642cdfe_s.jpg
もともとパソコンで友達とメールをしたりネットサーフィンをしたりするのが趣味だった私は、ブラインドタッチをすることができました。その技術を何か生かせる場はないかと思って行き着いたのがデータ入力バイトでした。
履歴書を郵送した後、タイピングの簡単なテストがあり無事に採用。その仕事内容は、パソコンのソフト(ワード、エクセル、パワーポイントなど)を使ってひたすらデータ(文字、数字)を入力していくというものでした。伝票を見てそこに記載されている数字や文字を、パソコンに正確に打ち込んでいくのです。
社員さんの場合、関数作成などスキルが必要な案件もこなしていましたが、アルバイトに求められることは単純にデータを入力する作業だけでした。ごくたまに簡単な文章作成もありましたが、文章力は特に必要ないといえるレベルでした。
私の場合、パソコンに長時間向かうことも、単純作業を繰り返すのも好きでしたので、手が疲れることはあってもあまりストレスはたまりませんでした。また、会社の室内での仕事なので、冷暖房や空調は管理されているので、真夏でも真冬でも快適に仕事をすることができたと思います。
データ入力バイトの魅力は、仕事内容が簡単であるということもあるのですが、時給の高さにもありました。時給は1200円からスタートして、キャリアに応じて少しづつ時給アップしていました。長年勤めていてタイピング速度がはやいベテランさんは時給2000円近くもらっていると聞いたこともあります。
なお、これは会社にもよりけりですが、私がアルバイトをしていた会社では、ひととおり仕事を覚えた人は、在宅で働くという選択肢も用意されていました。その場合、会議のためにときどき会社に来ればいいので、子育て中の主婦の人は助かっていると話していました。データ入力はインターネット回線とソフトさえあればどこでもできる仕事であるので、いろんな面で融通が効くというのもメリットだと思いました。
    (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク