ナシ園でのアルバイトはのんびり

私は20代の頃、ナシ園でアルバイトをしていました。そのアルバイトについての体験談を以下書きたいと思います。梨の栽培が盛んな地域に住んでいる私が、その梨園でのアルバイトをしたキッカケは、友人からの紹介でした。
255e95cf7d68a7dce66745c5099b4c81_s.jpg
友人からの紹介ということもあり気軽に引き受けたものの、そのアルバイトをいざ始める前は自分に農作業が勤まるだろうかと不安を感じていました。
しかし、アルバイト初日、その不安は早々にして消え去ってしまいました。というのは、いろいろな意味で仕事が楽にできたからです。ナシ園での農作業は、ずっと上を向いての作業が多く、作業するので首が痛くはなりました。ただその痛みも2~3日もすると慣れてきました。また、精神的に楽な仕事だということも分かってきました。
なぜ精神的に楽な仕事だと思ったかというと、その理由の一つに、ナシ園でのアルバイトは期間限定だったということがあります。というのは、そのナシ園では求人をかけるのは繁忙期のときだけなので勤務期間はせいぜい1~2ヶ月なのです。ですから、仮に仕事内容が大変であってもその期間だけ頑張ればいいと思えば気持ちも楽になったのです。
とはいえ、実際にナシ園での仕事を始めてみると、のどかな農園で青空の下、本当に自由で楽な仕事でした。時々他のパートさんとお喋りをしながら作業をするのがとても楽しく、一日が過ぎるのがあっという間でした。また、休憩の回数も多かったです。午前中は10時にお茶休憩、12時から13時はお昼休憩、15時にまたお茶休憩、と3回も休憩がありました。ですから、少々体力を使う作業をした日であっても、休憩時間を楽しみに頑張ることができました。
他のパートさんも同じく期間限定で働いてる方がほとんどで、すぐに打ち解けることができました。今から考えてみると、人間関係の悩みがなかったのも精神的に楽に感じた大きな要因だったと思います。そして、一日の仕事が終わって帰宅すると心地よい疲れに包まれて、夜はグッスリ熟睡できました。その上、その充実感からか、次の日に疲れがまったく残っておらず良い目覚めをすることができました。こんな経験は人生において初めてのことでした。ストレスがなく精神的に楽な仕事をやると、こんなにも疲れが抜けるものなのかと驚いたくらいです。
c1f08f92a324729fd47ff577c8054bc7_s.jpg
ナシ園でのアルバイトが精神的に楽だと感じた理由のもう一つは、仕事を丁寧に教えてくれる職場環境だったことも挙げられます。というのは、私がアルバイトをしていた農園の方々は皆良い人ばかりで、初心者の私にとても親切・丁寧に仕事を教えて下さったのです。分からないことが多く、何度も同じ質問をしたこともあったのですが、嫌な顔一つせずにその都度親切に教えて下さいました。世間には、指導者がぶっきらぼうで、何か質問をしたら機嫌が悪くなりストレスがたまる職場も多くあります。その点、ナシ園では、分からないことを自由に聞ける職場環境にあり精神的に楽だと感じました。
そんなこともあって、契約期間が終わるときには大きな寂しさを感じました。当初の不安などどこかに消えて、むしろもっとここで働かせてもらいたいと思いました。精神的にラクな仕事は、仕事をしている間はとても良いのですが終わるときが辛いですね・・・。ナシ園でのアルバイトを通して得られたあの充実感や感動は一生忘れられないでしょう。また機会があればぜひ働きたいと思っています。
      (精神的に楽なアルバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク