インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ネットカフェバイトは仕事が割も良かった

アルバイトにはしんどいのに時給が安いものもあれば、楽なのに時給が高いものもあります。当然、後者の方がオトクというわけです。ちなみに私がやったアルバイトの中で楽なのに時給が高かったのは、ネットカフェでの夜勤バイトです。
ネットカフェバイトは仕事が割も良かった
ネットカフェバイトはフロントで接客する場面もありますが、居酒屋などのようにハイテンションを求められるわけでもありません。お客さんが入店時には希望する席(個室かオープン席か)、プランを聞いて伝票を発行。退店時には伝票をもとに精算をするというだけです。
フロント以外の業務としては、「ブースなどの掃除」「簡単な調理」「本や雑誌の整頓」があります。いずれも一度覚えてしまえば当たり前のようにできてしまうような簡単な仕事内容でした。複数のスタッフで一気にやってしまうので、ひとりあたりの仕事量は少なかったです。
ネットカフェバイトは全体的に楽なアルバイトに分類されると思いますが、私が働いていた夜勤シフトは非常に楽でした。なぜなら、深夜はお客さんの出入りが少なくなるからです。既に入店されている方々の多くは寝静まってしまいます。つまり・・ブースの掃除や調理などの業務はほぼ皆無になるというわけです!
それでいて、防犯の意味も兼ねてスタッフ数だけは揃えているものですから、暇で暇で
仕方ない状況になっていました。結局、「交代で仮眠をとる」「奥でおしゃべりをする」「漫画を読む」みたいな感じで暇つぶしをしていました。それでいて夜勤ということもあり時給は高めだったのでかなりおいしかったです
ただデメリットがまったくないというわけではありません。例えば、酔っぱらったお客さんが入店されたときはやっかいだなと思うことはありましたね。あとは昼夜逆転するので、友達と遊びに行くにしてもスケジュールが合いにくくはなりました。ただそれ以外は特にこれといった不満もなく数年間、そのネットカフェでアルバイトを続けました。
   (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク