インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ネットカフェバイト(夜間勤務)は仕事が楽

今までやったアルバイトのなかで、楽なアルバイトだなあと感じたのは、ネットカフェバイト(夜間勤務)です。ネットカフェとは、パソコンや漫画などを楽しみながらくつろげる空間です。サラリーマンがひとりで
くつろぎの時間を過ごしたり、近年は若い女性にも人気のスポットとなっています。
ネットカフェバイト(夜間勤務)は仕事が楽
ネットカフェでのアルバイト(夜間勤務)を2年ほど経験しましたが、いろいろあるべき作業があるように見えて大した仕事量がありませんでした。
ネットカフェバイトでやるべき作業は「接客」「ブースの掃除」「料理の持参」「漫画の陳列」「ドリンクバーの洗浄」「パンなどの販売」などなど、いろいろあります。一見すると、多岐にわたる作業をせねばならず、大変な仕事だと思われがちです。
ただ、ネットカフェの場合、お客様の多くはひとりでゆったりくつろぐ目的に来ていることもあり、行き届いた接客サービスを期待している人はほとんどいません。どちらかというと、「ほっといて欲しい」みたいな雰囲気がただよっているのです。
私がアルバイトをしていたネットカフェでは、お客様の多くは常連さんでした。ですから、改めて料金システムやドリンクバーの位置など説明する必要がありませんでした。フロントで接客をするとお客様は、伝票を受け取り、ササッと案内したブースに入ってしまいます。ブースではマンガを読んだりドリンクを飲んだり、パソコンでネットサーフィンをしたり、睡眠をとったり・・とひとりの時間を楽しまれるのです。スタッフの出番があるとすれば、カレーや焼きめしほか料理の注文が出たら持参するときか、パソコンに不備があったときくらいのものでした。
ネットカフェのアルバイトスタッフはお客様の邪魔にならないよう、あまり目立たずに黙々と仕事を進めていくという感じです。お客様が帰られたらブースを片付けて、マンガが放置していれば元の所に戻す・・。それぞれの作業は大した時間や手間がかかるものでもありませんでした。
私は夜間シフトを中心に勤務していたのですが、深夜帯は特に仕事が楽でした。というのはお客様の多くはお休みになってしまうからです。終電が終わってしまえば始発までの時間は人の出入りもほとんどなく、料理の注文もほぼありません。しかも、防犯の意味もあり、数名のスタッフがいましたからひとりあたりの仕事量は本当に少ないものでした。
ですから、交替で仮眠をとったり漫画を読んだりおしゃべりをしたりと、自由に過ごしていましたね。仕事をしているというよりは、友達が泊まりにきて遊んでいるみたいな雰囲気に近かったです。それだけ楽な仕事内容なのに、夜間は時給も割り増しになっていてお得感満載でした。
ネットカフェのバイトは「日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】ネットカフェバイト(夜間勤務)は仕事が楽」や「バイトル[学生歓迎]のアルバイト情報を検索ネットカフェバイト(夜間勤務)は仕事が楽」など求人情報サイトでしばしば募集を見かけます。あるいはネットカフェ内に求人募集の紙が貼られていることもあります。
以上のようにネットカフェ(夜間勤務)のアルバイトは楽チンでお得感がある仕事でした。忙しい仕事が苦手な人、楽に稼げる仕事を探している人にはぜひおススメのアルバイトです。
    (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク