パン屋さんでのアルバイト体験談

私が「これは楽なアルバイトだ」と感じたのは、パン屋さん店員のアルバイトです。町の小さなパン屋さんで 主にレジ打ちを担当していました。
4e53bd0132dee2efdfe1018a2a6a1904_s.jpg
地元ではとても人気のパン屋さんということもあって、夕方ぐらいには学校帰りの女子高生やOLたちで少しした行列ができるほどのお店でした。ただ、そのように忙しい時間というのは限られています。お客さんが少ない時間帯は とにかく暇で暇で仕方ない時間が結構ありました。
そんな暇な時間は、店長とおしゃべりをしたりして過ごしていました。あと、仕事に慣れてくると、簡単なパン作りも教えてもらってやることもありました。生地をこねたりオーブンで焼くなど作業を手伝うこともありました。
私はこのパン屋さんでのアルバイトをとても楽なアルバイトだなと思いました。その理由は二つあります 一つ目はパン自体を私が好きであるという点です。私はこのアルバイトをする前は、パンを買う常連客としてそのパン屋さんに足を運んでいました。店に入るとパンの小麦のおいしい香りが漂ってきて幸せを感じていたのです。
それが実際にアルバイトとして勤務をするようになってからは、毎日のように味わえるので本当に幸せだと思いました。そしてトースト、クロワッサン、アンパン、カレーパン、コッペパンなどなどいろいろな種類のパンと囲まれていると物語の世界のようでした。
さらに、勤務終了、売れ残ったパンはアルバイトたちが自由に持ち帰ることができました。お給料をもらってさらにパンまでいただけるとは、こんなに素敵なアルバイトは他にないなと感じていました。特に大学生や短大生の場合、食費の節約にもありますしこの上ないおいしいアルバイトであったようです。
そのように好きなものに囲まれて仕事をしてると、忙しくてもしんどいと思うようなことはほとんどありませでしたし「終わったらどのパンにしようかなあ」と思うと、テンションが上がりました。
私がそのパン屋さんでのアルバイトを楽なアルバイトだと思った理由の2点目は、お客さんの多くは地元の常連さんという点です。みんな顔なじみということもあって私達アルバイト店員たちにも優しく接してくださる方ばかりでした。少し世間話をしたりもして楽しいひとときを感じながらパンを販売していたことを思い出します。お客さん達から「この間のパンもおいしかったわあ」などと喜びの言葉を聞くたびにやりがいも感じていました。
以上のようにパン屋さんでのアルバイトは、私にとって楽なアルバイトでした。同じくアルバイトとして働いてる子の多くは大学生短大生の女の子で、皆パンが好きで話しもしやすかったです。体力的にも楽な仕事ですし、スケジュールを立てやすい面もありましたので、おすすめのアルバイトです。
   (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク