インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ビル管理人のバイト、暇で楽過ぎた!

今から数年前の話です。当時親戚の伯父さんがビル管理人の仕事をやっていたのですが、地区の旅行に行かないといけないらしく2日間限定で、代わりにバイトしてくれないかと頼まれました。仕事内容は、管理人室に居て、朝の9時から夕方5時まで椅子に座っていれば良いとの事でした。何にもやらなくて座っているだけであれば自分にも出来るなと思い引き受けました。
伯父さんから「ホントに暇な仕事だから時間潰しがきく物を持ってきた方が良いよ」と聞いていたので、とりあえず携帯ゲームと雑誌をかばんの中に入れて持っていきました。しかし、仕事でありますし、実際は大変なこともあるだろうと思い、気を引き締めつつ当日、仕事場となるそのビルに向かいました。
ビル管理人のバイト、暇で楽過ぎた!
ただ、伯父さんの言う通りでした。ビル管理人の仕事はホントに何もやる事が無く、部屋の中でただ座っているだけだったのです(笑)
叔父さんが管理業務をしていたのはオフィスビルでしたが、特に誰かと挨拶をするわけでもなく、壁1枚を挟み別空間という感じでした。
仕事らしい仕事は皆無で1日中そこにいるだけでした。
管理人室には食料やポットなど簡単な調理器具もあったので、昼食どきにはカップラーメンをつくって食べました。「この管理室は存在する意味はあるのかな?」などと疑問に思いつつも、こんなに自由に部屋の中にいるだけでバイト代までもらえるのなら、ビル管理人とはとてもいい仕事だなあと思いました。
実際に伯父さんは日曜、祝祭日以外はこのビルの管理人室でひたすら趣味の模型づくりをしているらしく、仕事をしに来ているんだか趣味を楽しみに来ているんだか分からないと話していました(笑)私もゲームをしたり雑誌を見たりしてひたすら時間が過ぎるのを待っていました。二日目はゲームも雑誌も飽きてしまい、パソコン持ち込んでひたすらネットしていました。ADSLでしたが、Wi-Fi環境もあったので、ひたすらネットしたいました。後にも先にも、このとき程ネットに時間を費やした事はありません!ってくらいやっていました。何しろ自由で暇な時間が膨大にあるわけですから。
何だか自分がニートになった気分でしたが、こんな簡単な仕事?でバイト代が入ってくるから、ビル管理人の仕事はとても素晴らしいバイトだなと思いました。二日間だけの限定でしたので、三日目からは現実空間に引き戻されてしまいましたが、あまりに暇で楽すぎてて不思議な感覚になりました。
私は普段は居酒屋のバイトをしているのですが、とにかく忙しくて大変な仕事です。ですから、居酒屋バイトに戻った時は、次のバイトにはビル管理人がいいなと本気で思ったものです。ビル管理人のように楽な仕事は、探してもなかなか求人がないのでしょうが、もしあれば1人でいるのが好きな方はとにかくお勧めです。相当引きこもれますよ!(笑)
                              (暇で楽な仕事の体験談 30代男性)

スポンサーリンク