インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ピザのデリバリーバイト体験談

私は今まで飲み屋、ライン工場、運送関係等、色々なアルバイトを経験してきました。その中で一番精神的に楽だったのは、ピザのデリバリーのバイトでした。
ピザのデリバリーバイト体験談
応募するとき、原動付自転車の資格は絶対に必要なアルバイトですが、基本的な作業は簡単でした。ピザや飲み物、注文されたものをバイクで運ぶだけなのです。道はすぐ覚えられますし、お客様と話すのは、ピザを渡す時に少し話すくらいのものです。また、バイクで配達する時は単に運転をしていればいいだけですので本当に気が楽でした。
このピザ配達のアルバイトを始める前は、「道が覚えられなかったらどうしよう・・」、「ピザ名を覚えなきゃいけないよ・・」「早く届けられるだろうか・・?」などいろいろ不安に思っていました。ただ、1週間もあれば覚える事ができましたし、安全運転すれば普通に大丈夫の仕事だと感じました。
雨降ったり雪が降ったりした時は体力的に少しつらいですが、運転してる間は何も嫌な事を言われないので、精神的に楽でした。仮に嫌いな先輩がいたとしても近くにいないわけで、怒られる心配も皆無なわけですから。そして、私の場合、運転中は好きな歌を口ずさんでいたこともあり、そんな日でも楽しかったです。誰も聴いてる人はいないですし、常にカラオケ状態でしたね。
お客さんの住んでいる場所によりますが、大体、一件の配達で往復30分から1時間程度かかっていました。
ですから、一日8時間働いたとしても5時間程度はカラオケ状態でした。そんな感じでしたので、一日、働くのもあっという間だと感じました。私だけでなく、他のピザデリバリーのアルバイトスタッフたちも、精神的に楽なバイトだと言ってましたね。
運転中にかなりモチベーションが上がって、店舗でピザを受け取る時に「なんか楽しそうだな。何か良いことあったの?」と先輩から聞かれた事がありました。流石に運転中、歌ってるとは言えなかったですが(笑)。仕事に慣れるにつれモチベーションが上がって楽しかったです。こんな楽なバイトでお金をもらってしまっていいのかと不思議にも思ったこともあったほどです。
私は現在は、社会人として企業に勤めています。社内での人間関係やノルマ、残業など胃が痛くなる毎日です。そんな現在の状況と比べると、ピザ配達のバイトをは、正に天国でした。特に、精神的な負担は天と地の差です。ピザのデリバリーのアルバイトは、大変に思われがちですが、いざやってみると案外簡単な仕事です。あまり人づきあいが得意でない人にもオススメのアルバイトですよ。
 (精神的に楽なアルバイトの体験談 20代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク