フィットネスジム受付バイトは一石二鳥

私が今まで体験してきたアルバイトの中で一番楽なアルバイトだと思った仕事はフィットネスジムでの受付です。
a1180_001263.jpg
大手フィットネスジムの受付でしたが、会社自体がフランチャイズでしたので、一店舗一店舗でオーナーと店長は違うというスタイルでした。
店長やオーナーによって若干ジムの中のシステムや雇用条件は相違しているかもしれませんが、大まかな業務内容などはジムごとに変わらないというものでした。
私がアルバイトをしていたその大手フィットネスジムでの仕事内容は、主にフィットネスジムにいらっしゃるお客様の対応でした。そのジムではレッスンがあるわけでもなく、ヨガやダンスなどのコースもありませんでした。
純粋にマシーンを使って筋肉トレーニングをしたり、ランニングマシーンで走力を鍛えたりするのを目的に来る人が大半でした。
ですので、こちら側からお客様に何か教なければいけないということはほとんどありませんでしたし、あるとしても、機械やマシーンの使い方を説明するくらいでした。
それ以外にやる仕事としては、お客様がジムに入会される際の手続きです。ただ、こちらもマニュアルがきちんとあり1度内容と順番を覚えてしまえば、難しいことはありませんでした。専用のコンピューターを使って、ジム独自のシステムに沿ってお客様情報を打ち込み、登録をするという流れです。
お客様からの入会金・月会費の集金はすべて銀行口座からの引き落としでしたので、私たちがかかわることは一切なかったですし、新規に入会されるお客様もほとんどいらっしゃいませんでした。そればかりか、ジムを利用されているお客様が1人もいない時間帯すら結構ありました。そんなときはやることがなく、ただただ暇になってしまいます。
そういう暇な時間帯は受付に座って、一緒のシフトのアルバイトスタッフとおしゃべりをしたり、時には交代でジムを使って筋肉トレーニングをしたりしていました。本当に自由で楽なアルバイトだなあと思いました。
フィットネスジムというのは、オープンしたてのときはドッと入会者が増えますが、ある程度の会員数まで伸びると以降は急に大幅に伸びるということはありません。私がアルバイトを始めたときは既にある程度、会員数が伸びきった状態でしたので、そこから入会者が毎日沢山きて忙しいという状況にはなりませんでした。
なお、私たちの福利厚生として、正社員だけでなく私たちアルバイトスタッフもジムを自由に利用することができました。いつでもジムを無料で活用できたことは、私のようにトレーニングが趣味である人間にとってとても助かりました。普通でしたら月に約10000円程度は払うべきジムの会費を払わずに使えるわけですから。尚かつ簡単な仕事でお給料をもらえたので一石二鳥の楽なアルバイトでした。
(楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク