インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ホテルルームサービスバイトの話

「楽なアルバイト」といえば、思い出すのはホテルのルームサービスでの長期アルバイトです。私は大学時代、とある観光地のシティホテルでルームサービスのアルバイトをしていました。ルームサービスとは、客室から料理を注文できる有料サービスのことです。
ホテルルームサービスバイトの話
私達ルームサービススタッフ(社員、アルバイト)は客室から注文が入ったら、料理を手配して客室に持参する作業を行っていました。まずは注文内容を厨房に流し、料理ができるのを待ちます。そしてできた料理にラップをして台車に乗せて、注文のあった客室へGO!という感じでした。
従業員専用のエレベーターを使って、隠し扉のような従業員専用の出入り口からフロアへ。迷路のように入り組んだフロアの中から、オーダーのあった客室へ台車を押していきます。
客室をノックをして部屋に入るときは「問題なくこなせるかな・・?」と毎回緊張していました。特に、VIPルームに泊まられている有名人の客室にルームサービスを持参するときは「有名人と会える」と心臓がバクバクしたものです。
ただ、シティホテルに宿泊されている方々は、基本的にはルームサービス担当にいろいろ話しかけてきません。どちらかというと、料理を置いて早く出ていってねみたいな雰囲気です。
ですから、交わす会話といっても「お待たせしました。ご注文の〇〇をお持ちいたしました」「ありがとう。そこ置いておいて」「かしこまりました。ごゆっくりお召し上がりください。失礼いたします」くらいのものでした。
ホテルルームサービスバイトの話
なお、ルームサービスで発生する料金の精算は、宿泊料とともにフロントで一括精算となるのでルームサービス担当が金銭のやりとりをするということはありませんでした。ですから、とにかく楽でしたし、何かトラブルが起きるといったこともまずありませんでした。
私がアルバイトをしていたシティホテルは、地下と2階に、レストランがありましたし、ホテルの近隣は繁華街でした。ですから、わざわざ値段の高いルームサービスを注文するのは、外に出掛けるのが面倒なお金持ちか有名人くらいのものでした。
当然のごとく、ルームサービスの注文はごくたまにしか入ってきませんでした。しかも、VIPのお客様に粗相があってはいけないということから、ルームサービス担当はなぜか5名ほども常駐していました。
人員を多く構えておくのは不必要とまではいえませんが、注文が何も入ってこなければ、私たちルームサービス担当のスタッフは何もやることがありませんでした。
ですから、同僚たちとずっと、どうでもいいような雑談ばかりして暇つぶしをしていました。確かに楽ではありましたが、「こんなのでお金をもらっていいのかな・・?」と当時は思っていたものです。
ちなみに私にとって、上記したシティホテルでのルームサービスのアルバイトが人生初めての長期バイトでした。世間でいう一流ホテルなだけに服装や身だしなみ、言葉遣いについてはさすがに厳しかったです。仕事が楽だっただけに、そういった社会人としての素養を過度なプレッシャーをかけられることなく、自然な形で身につけることができた点も良かったと思っています。
  (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク