ポスティングバイトは主婦・主夫におすすめ

私は現在40代の主婦です。今までやったアルバイトのなかで、主婦・主夫業と両立しやすくて楽な仕事だなと思ったのは、ポスティングのアルバイトです。
a0150_000136.jpg
子供が小学生になって時間ができたことから、何か主婦でもできるアルバイトはないかと探していた時、たまたま見つけたのがポスティングバイトでした。
ポスティングとはチラシを指定されたエリア内に投函していくという仕事です。ポスティング会社によってスタイルは多少異なりますが、私が所属していた会社ではかなり自由度が高かったです。
会社から自宅にまとまった枚数のチラシが郵送されてきます。それを同封されている地図をもとに期限内にポスティングしていくというものでした。期限内にその業務を完了しさえすれば、あとはどのように進めようが自由でした。
ですから主婦である私の場合、お弁当をつくって子供を小学校に送り出したあと、ソファーで一服してから、自転車でポスティングに向かっていました。配布するエリアは基本的には自宅から自転車で行ける範囲でした。まずは枚数をたくさん投函できるマンション、団地、アパートといった集合住宅から投函していきます。そんなときは数十枚を一気に投函することができ、手元にある在庫はかなりさばくことができるからです。そして手元にある枚数が少なくなって来たら一般住宅に投函していました。
その際、注意することとしては、中には「チラシお断り」の集合住宅もあること。そういったところは会社があらかじめ蛍光ペンで地図にマークしているので配布しないようにします。
私が所属してたポスティング会社の場合、給料は歩合制でチラシの反応によってさらにボーナスが支給されていました。誰も監視する人がいないので、途中で休憩しようが自由。ですから、自転車を停めてお気に入りのカフェでまったり休憩なんてこともできました。配布する枚数もこちらでほぼ自由に決められますし、体力的にも問題ない楽なアルバイトだと感じました。
あと、ポスティングバイトは精神的にも楽なアルバイトだと感じました。もしパートとして会社に働きに行ったら上司や先輩の顔色をうかがったりしなければならないでしょう。それがポスティングバイトの場合、ひとりで行動するのでそういった人間関係で思案する心配もありませんでした。ですからいつも気楽に自転車をこいで鼻歌交じりに投函をしていたのものです。
手元にある目標枚数を投函したら自宅に戻って、近くのスーパーに買い物に行って夕飯の準備をします。子供たちが帰ってきたら勉強をさせたり一緒にテレビを観たりして団らんのひとときを過ごしていました。
以上のように、ポスティングバイトは主婦・主夫業と両立しやすい楽なアルバイトでした。主人が仕事で転勤となり一緒に地元を離れたことで辞めてしまいましたが、また戻ってきたらまた再開したいなあと思っています。
あと余談ながら、ポスティングバイトを始めてから半年くらいした頃、久しぶりに会った前職の同僚から「あれ?何だかスリムになったね」といわれました。自分ではダイエットをしているつもりは全くなかったのですが、ポスティングバイトは自ずと自転車をこぎ歩くのでいつの間にか痩せていたのです。そんな意味で、日頃運動してなくてダイエットをしたいという人にもおススメの楽なアルバイトです。お金を稼げてさらにダイエットにも成功できたらまさに一石二鳥だと思います。
   (楽なアルバイトの体験談 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク