インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

マイペースで楽に稼げる試食販売バイト

私は現在、大学生の女性です。平日は大学の授業に出たりサークル活動をしたりと大学生活を満喫しています。一方で土曜や日曜は、学費を稼ぐためにもアルバイトをいろいろとやっています そんな大学生の私が今一番 気に入っており、楽なアルバイトだと思ったのは 試食販売の派遣バイトです。私はマネキン業を中心に派遣スタッフを派遣している派遣会社に登録しています。マイペースで楽に稼げる試食販売バイト
そして土曜日や日曜日を中心に、方々のスーパーマーケットやデパート食品コーナーに派遣される形で、試食販売の仕事をしています。
試食販売スタッフを皆さんもスーパーマーケットなどで見かけたことがあるかもしれません。その仕事内容は、キャンペーン中の食材をスーパーマーケットに買い物に来るお客さんに配ってその商品の宣伝をするというものです。
毎回、宣伝する食材は変わってくるのですが、先週は ウィンナーの試食販売を地方にあるスーパーマーケットに出向いて行いました。あらかじめ用意されている試食用のウィンナーをホットプレートで温め、包丁で食べやすい大きさに切ります。それらを爪楊枝で刺してお客様に召し上がっていただきました。調理といっても、ホットプレートにアルミホイルを敷いて温めるだけなので料理ができない人でも全く問題ありません
また、宣伝といっても、商品について細々説明するわけではありません。お客様が通路を通られたら「いらっしゃいませ~〇〇ハムのソーセージです!おいしいですよ~!おひとつどうぞ~!」みたいに声を掛け配布するだけ。敢えてこちらから積極的に声をかけなくても、お客様が自然と集まってくるという感じです。
少量とはいえ無料で食材を食べられるのですから、お客様からするとお得感があるわけです。ですから、お客様の多くはとても喜んで下さいます。「ありがとう。美味しかったよ!」などと感謝の気持ちをかけて下さる方も多く、試食販売バイトをやって良かったなとその都度感じます。
また、試食を終えて「美味しかったよ!ひとつ貰って行くね」と言って、商品を買い物かごに入れて購入されていくお客様も結構おられます。そんな時 試食販売バイトの私がそこにいる意味があったのだな!と実感でき、さらなる嬉しさを感じることができました。
このように、試食販売のアルバイトは、仕事内容が簡単で、かつ人に喜ばれる素敵なアルバイトです。さらにうれしいことは、一人で作業するだけに人間関係が楽だということです。アルバイトといえば 厳しい上下関係に苦しむなど、苦難の対価としてお金が発生するような職場も少なくないと思います その点、スーパーマーケットでの試食販売のアルバイトの場合、現場において1人で作業をするだけに誰かに気を使う場面は極めて少なくて済みます。
スーパーマーケットの現場責任者ほかスーパーマーケットの店員さんとは、コミュニケ―ションをとる場面はありますが、出勤・退勤時およびすれ違った時に挨拶を交わす程度です。1日の勤務時間トータルからすると接する時間は数分にすぎませんし人間関係はあってないようなものです。とにかく人間関係が楽なアルバイトだなと感じます。
そんな楽なアルバイトなのに、試食販売のアルバイトは、意外と日給が高いんですよ。私の場合、1日働いて9000円ほどの日給を頂いています。人間関係を気にせず、のびのびと簡単な作業をするだけでここまで高い日給をもらえるアルバイトは、探してもなかなかないのではないでしょうか。
また、派遣会社は多くの登録者を抱え、仕事案件も豊富であるだけに、融通がききやすいという利点もあります。ですから、大学生や短大生など学業との両立も非常にしやすいアルバイトだと思います。新たに覚える知識も特にありませんし、特別な機能も求められません。初心者の人でもすぐに慣れる仕事だと思います。マイペースで楽に稼ぎたい人にはぜひおすすめのアルバイトです。
 
   (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク