インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ライブ会場で販促グッズを販売バイト

私が今までやったアルバイトのなかで、「楽な仕事だな!」と感じたのは、アイドルのライブ会場で販促グッズを販売する仕事です。
このアルバイトは友人に誘われてやった短期バイトでしたが、本当に楽でした。その仕事内容は、アイドルのライブが終わった後、ファンに向けてグッズを売るだけです。
そのグッズは何十種類も用意されているわけではなく、「◯◯ちゃんのポスターを10枚ください」ですとか「ステッカーを5枚ください」みたいな簡単な注文が多くて楽でした。私はレジを担当しましたが、アルバイトがたくさん雇われていて、商品を袋に入れる係、商品を補充する係など分担していたので、それぞれは自分に与えられた作業に集中することができました。
グッズの種類が多くないだけあって、レジ打ちも割と単純です。最初はゆっくりしか打てなかったものの、どんどんスピードも上がっていき、仕事もますますラクになっていきました。
なお、当時、高校生だった私は、ある意味、得をしていた点もありました。というのはは、アイドルのライブの場合、若い女の子には優しい男性ファンの方が多いからです。この場所がスーパーマーケットとかなら、私は叱られていたと思います。ただ、その仕事場ではレジ打ちが遅くても文句を言う人もおらず、本当に良くしてもらいました。
アイドルのライブ会場での販促グッズのアルバイトは、私と同年代の高校生や大学生が中心だった点も気楽でしたね。みんなで協力して仕事をうまく乗り切ろう!という空気感も生まれていて精神的にも楽でした。仕事自体も難しくありませんし、友人同士での応募もできるようなラフな雰囲気がそこにありました。
さらに、私がこの販促グッズのアルバイトをしたときは、たまたま自分の好きなアイドルのライブだったので尚更親しむことができました。一回経験してみる価値のある楽なアルバイトだと思いました。
    (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク