関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

ラクすぎた大型商業施設の警備員バイト

楽なバイトといえば、施設警備員の夜勤はとてもラクでした。所属する警備会社によってどんな現場に派遣されるかは違いがありますが、大型商業施設が中心なら楽な仕事にありつける可能性大です。
a0150_000136.jpg
私は都内にある某警備会社に所属していたのですが、大型商業施設が大抵現場でした。主に夜勤シフトに入っていたのですが、想像以上に楽な現場が多かったです。
ある日の現場は、若者たちでにぎわう某商業施設。そこで私に課せられた任務は、施設の一角で立って見張りをするというものでした。
そのときはグルメコーナーをリニューアルするということで、その商業施設の1階は改装工事が行われていました。工事は日中に行われるのですが、工事関係者が現場を離れる深夜に万が一不審者が入らないとも限らないということで、警備員を配置することになったようです。当日派遣された警備員は3人で、私は通路の一角に立つことになりました。
警備するというと聞こえはいいですが、工事中の商業施設で不審者が暴れるはずもなく・・結局、誰もやってこない通路で時間をつぶすことになりました。誰も人が出入りしないわけですから、姿勢をよくして直立不動にしている必要もなく・・適当に付近を散歩しているだけ十分でした。
しかも、大型商業施設ということあって、夜中でもクーラーが効いていて快適そのものなんです。こんな暇な時間(というより勤務時間ずっと暇なのですが!)にも決して安くない時給が発生しているわけで・・こんなに楽な仕事があっていいのか?と思わずふきだしそうになったほどです。結局、朝までそんな風に暇つぶしただけで当日の勤務は終了してしまいました。
人通りの多い時間帯なら人目を気にして直立不動で立たねばならないのかもしれませんが、深夜だけにかなり
自由度が高かったです。仕事内容もラクですしプレッシャーも0でしたね。それでいて時給は日勤より高いですからさらにおいしかったです。警備員にもいくつか種類がありますが、なかでも施設警備員は楽ゆえにお勧めです
    (楽なアルバイトの体験談 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク