ラクだった、スーパーレジ打ち派遣バイト

これまでサービス業を中心に10社ほどでアルバイトをしてきました。そのなかで「この仕事、楽だな」と思ったバイトがあります。それは、スーパーマーケットでのレジ打ちの派遣バイトです。
1adce456698e53d22fbe242d3a280bce_s.jpg
「スーパーマーケットでのレジ打ちの派遣バイト」は単発ではなく、週に何度出勤するかは決まっていました。面接があり勤務する前に3日間の研修も受けました。そこではレジの練習もあり、研修を終えると、実際の店舗(スーパーマーケット)に配属されました。私はそのときレジ初心者でしたが、研修があったおかげで、現場に入ってもすんなり仕事に馴染むことが出来たと感じています。
現場は大きなスーパーマーケットで、何か困ったことがあれば手を上げるとレジサポートの人が駆けつけてくれました。レジ中のお金の補充についても同じくで、手をあげれば来て速やかにやってくれました。レジ打ち作業は慣れれば簡単で楽な仕事だと思いますが、そのスーパーマーケットの仕事が特に楽だと思ったのには別の理由がありました。
それは、そのスーパーマーケットの独特の構造です。一般的にスーパーマーケットといえば、レジが横にずらーっと並んでいるものです。ただ、そのスーパーマーケットのレジは、その横並びになったレジのもう1列奥にずらーっとレジが並んでいたのです。
そして、通常の既存従業員は手前のレジに、私たち派遣組は奥のレジに配置されるという風になっていました。忙しい時間帯にはもちろん、奥のレジにもお客様はいらっしゃるのですが、そうでない時間帯は手前のレジにばかりお客様はやってきて、奥のレジは手持無沙汰になるという状況になりました。
お客様がレジにいらっしゃらない以上、やることがないので、私たち派遣組はただボーっと突っ立ってその暇な時間を過ごしていました。売り場から見ると、私たちのいる奥のレジは手前のレジに隠れてあまり見えないので、お客様の視線も感じることがありませんでした。本当に気楽な時間でした。
日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】

~日本最大級の派遣情報サイト~
派遣組はこんな楽をして、正規従業員との時給の差は200円。しかも、派遣組はどんなに忙しい日でも定時にぴったりに上がることができました。以上のように派遣のスーパーでのレジ打ちバイトは、私にとってとても楽なアルバイトでした。
 (楽な派遣バイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク