関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

ラクだったポスティングバイト

66a8f45131e65ad85853ede7795f8fe7_s.jpg
私は 学生時代にいくつかのアルバイトを経験しました。大学1年生と大学2年生のときには、居酒屋バイトと引っ越しバイトを経験。いずれもきつい仕事内容で、アルバイトって大変だなというふうに骨身に染みて思っていました。
ところが、大学3年生の時に出会ったポスティングバイトをやってみて、その考えは変わりました。なぜなら、非常に楽なアルバイトだったからです。

スポンサーリンク



ポスティングとは一般住宅や団地、マンションなどのポストにチラシを投函していくというものです。投函するチラシの種類はその都度違っていました。
例えばピザ屋さんのチラシ、寿司屋さんのチラシ、賃貸マンションに関するチラシなどなど。いろいろありました。
それらを指定されたエリア内において期日内に投函していくというのが、ポスティングバイトの役割でした。
どうしてポスティングバイトが楽なバイトだと感じたかというと、一人で作業できて気を使わないで済むという点がまず挙げられます。
アルバイト初日こそ手本を見せるために社員さんが同行しましたが、次の日からはひとりでポスティングをするようになりました。
居酒屋や引っ越しバイトの場合、常に先輩バイトたちと隣り合わせで、顔色を伺いながら時にはこっぴどく叱られたりして辛い思いをしてきました。
体力的にも立ちぱなしでしんどかったですし、何より精神的なしんどさがありました。
その一方で、ポスティングバイトは、「○月○日までにこれだけを配布してください」というふうなことが決まっているだけで、あとは完全にひとりで自由に仕事をすることができました。
気候の良い晴れてる日にまとめて仕事をしても良し、大学の通学ついでに仕事をしてもよしといった感じで、とにかく自由に予定を組むことができました。
もちろん計画をしっかりと立てる必要がありますが、自分一人でのんびりと仕事をすることができるというのは、何とも気楽で幸せだと感じました。
スポンサーリンク



ポスティングの仕事内容は単にポストにチラシを入れるだけなので、新しいことを覚える必要もありません。
ポスティングに行く前はチラシを入れやすくするために二つ折りにするという作業をしなければなりませんでしたが、家でやることといえばそれぐらいのものでした。
あとは自転車で指定されたエリアに行き、徒歩でのんびりとポスティング作業をしていました。
ポスティングバイトはアルバイト料こそ高くはありませんでしたが、定期的に仕事はありましたし、自分ができる量だけすればよいという出来高制だったので気楽に取り組むことができました。
私は結局、大学卒業直前までの約2年間ポスティングバイトを続けました。
あと、余談ながら、ポスティングバイトをして良かったなと思うことがもうひとつあります。それは、ダイエットに成功したことです。
ポスティングバイトする前までは 私はいわゆる肥満体型でした。いわゆるメタボというやつでしかも食べることが好きだったので、ダイエットをしようにもいつも3日坊主で終わっていました。
ところが、ポスティングバイトは仕事をする上で自然と歩くという行動を余儀なくされます。時には階段を登ること上り下りすることも坂道を上がらなければならないこともあります。
そういったことは仕事だから仕方がないというふうに思っていたのですが、ある時体重測った時に驚きました。体重が落ちていたのです!ポスティングバイトはダイエットにも効果があるということに気づきました。
痩せたらもちろん健康面でも良いですし、しかもお金を稼ぐことはできるなんてなんて素敵なアルバイトなんだ!と少し感動してしまったのを覚えています。
半年ほどポスティングバイトを続けると私の体重は更に落ちて、全く標準的な体重になっていました。当時付き合っていた彼女も、私がダイエットに成功したことを喜んでくれました。
以上のように、色々な意味で ポスティングバイトをやってよかったなという風に思っています。ちなみに現在私は社会人となり、ある企業で営業をしています。
ノルマに追われながらもそれなりに忙しい日々ですが、歩くことに慣れているので、疲れをさほど感じません。それも、ポスティングバイトのお陰かなと思っています。
   (学生時代の楽なアルバイト体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク