ラクで楽しすぎた駐車場係員バイト

a1180_011029.jpg
私が大学生だった頃、最初に選んだアルバイトは駐車場の係員でした。当時運転免許を取りたてで運転の練習にもなると思ったのと、時給が高かったからです。
何気なく選んだこの駐車場係員のバイト、想像以上に楽なバイトでした。

スポンサーリンク



私がアルバイトをしていた駐車場はスーパーマーケットと提携していました。
ですから、週末の昼間は買い物客で非常に混んでいました。しかし、私たち学生のアルバイトたちは基本17時から24時までの勤務でした。
ですから、車の台数は多くなくとりわけ20時を過ぎてスーパーマーケットが閉店してしまうと、入ってくる台数は極端に少ない状況になっていました。
その時間帯はアルバイトだけの2人体制になっていました。(日曜日は1人体制)
社員さんが退勤すると、この時間からは事務所のカウンター席に座って、ホカ弁を食べながらひたすらテレビを見て時間をやり過ごしていました。
スポンサーリンク



何か不測の事態が起きないか注意はしているものの、駐車場に出入りする車はほぼ皆無でありますから事実上の留守番と同じです。
仕事ではやることがなく暇を持て余してしまうわけですが、アルバイト仲間もみんな気さくな車好きなので退屈しませんでした。
当番日じゃなくても遊びに来て馬鹿話をしたり悩み相談などをしたりで時間潰しをしていたことも。
夜は新しい車種や外車が多く、見慣れない車が入ってくると、その都度、クルマ談義も弾みました。
そして、そのスーパーマーケットの周囲はオフィスビルなので、夜は人気がなくなり音を出しても迷惑をかけることもありませんでした。
ですから、大学の学園祭が近くなると、バンドメンバーも呼び出してギターの練習したり試験前はレポートに没頭することもありました。まさに好き放題でした。
そんな中、専務さんや所長さんが点検やシステム調整で時々来られることもありました。
普通なら緊張する場面でしょうが、差し入れを持って来てくれたり、一緒になって盛り上がったり楽しんだりしていたので、全くもってストレスフリーな環境でした。
24時になって勤務が終了した後も、24時からクルマにサーフボードを積んで海までドライブ、朝イチの波乗りを楽しんでから学校に行くこともたびたびありました。そして睡眠不足は学校で補いました。
結局、その駐車場係員のアルバイト先には卒業するまでお世話になりました。
今は社会人となって全く畑違いの会社で働いている私ですが、時々、当時のことを懐かしく思い出すこともあります。
現在が今より待遇が下がったと思えるくらい楽しい、若かりし頃の楽なアルバイト体験でした。
     
     (学生時代の楽なバイト体験談 50代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク