インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

交通量調査のアルバイトは日給も魅力

今までやったアルバイトのなかで一番楽な仕事だと感じたのは、交通量調査のアルバイトです。なんと、車の台数を数えて記録するだけという、あまりにも楽な仕事でした。
私の場合、アルバイト求人サイト「日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】交通量調査のアルバイトは日給も魅力」で求人を見つけて応募しました。日給が9000円もあることに魅力を感じたからです。2時間ほどの説明会に参加した数日後、アルバイト前日を迎えました。
そのときの交通量調査は東京から静岡県まで向かって調査をする案件で、前日深夜に集合して、数台の車に分乗する形で現地に向かいました。集まっていたのはほぼ全員が男性で、大学生くらいの若者から60代くらいと思われる人まで年齢層は幅広かったです。
車のなかでは、私を含めアルバイト交通量調査員たちは朝まで仮眠をとりました。調査開始時間は朝7時です。夜が更けて朝6時すぎになると、調査地点となる交差点の付近で車を降り、準備を始めました。準備といっても簡単なもので、交差点の近くに椅子を置いて、腕章やヘルメットを着用するだけです。あとは、現場監督者より記録用紙と現地の地図を受け取って、どの方向に走っていく車を数えればいいのかを確認。私は
国道を直進していく車と左折していく車を数えることになりました。
交通量調査のアルバイトは日給も魅力
朝7時になり、いよいよ交通量調査のスタートです。
車が目の前を通過するごとに、カチカチとカウンターを押しながら、その車の台数をカウント。カウンターにはいくつかのボタンがついていて、乗用車、バス、トラックなどに分類しながら数えていきます。見分けがつきにくいものに関しては、ナンバープレートからどの車種かを判断します。
とても簡単な作業で5分もあれば慣れてしまいました。椅子に座ってひたすら車の台数をカウントし、1時間が経過したら、記録用紙にカウンターの数字を転記。転記が終ればまたカウントを再開。その繰り返しでた。2時間調査をしたら1時間の休憩があるという点も楽でしたね。敢えてしんどかったことを書けば、あまりに暇すぎて睡魔と戦うのが辛かったことでしょうか。あまりに贅沢な悩みでありますが、昼間は車の台数も少なくなり暇で寝そうになりました。
交通量調査のアルバイトは楽なアルバイトだと事前に聞いていましたが、実際にやってみてその通りだと思いました。調査は19時に終了。片づけをした後、現場監督より、日給が支給されました。日給は9000円也。その楽な仕事内容からしたら、あまりに割りが良い日給でした。その後、再び車に乗って東京に帰っていったのでした。
交通量調査のアルバイトの仕事情報は、アルバイト求人誌や「日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】交通量調査のアルバイトは日給も魅力」などアルバイト求人サイトで見つけることができます。フリーワードで「交通量調査」と打ちこんでみるとよいでしょう。なお、未経験者は説明会がありますが、1度しっかり調査をしたら、経験者と見なされ、次回からはメールや電話で仕事案内をもらえるケースも多いです。
      (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク