インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

交通量調査は路上でコツコツ作業

私は交通量調査のアルバイトが今までやってきたバイトのなかで一番ラクだと感じました。交通量調査バイトは、県道や国道を走る車の数を数える仕事です。1日限りの単発バイトとして募集していることがほとんど。ほんの時々しかない単発バイトですが、とても仕事が楽で割が良いことから、人気がかなりあるアルバイトのひとつです。
交通量調査は路上でコツコツ作業
私が交通量調査のアルバイトを初めてやったのは大学生のとき。たまたま「学生のバイトなら【アルバイトEX】交通量調査は路上でコツコツ作業」で何か楽そうな単発バイトはないかな?と思い調べていると域に偶然見つけました。実際にやってみたところ、こんなのでお金をもらっていいの?と笑ってしまうほど仕事内容が楽でした。その仕事内容は目の前を通過する車の台数を、トラック、バス、乗用車などに分類しながら数えて、1時間ごとに記録するだけなんです。
交通量調査バイトは、椅子に座っての作業です。ですから、立ち仕事と違って足腰が疲れることもありません。さらに休憩がとても多いのです。12時間調査と聞いて、「長いなあ~どうしよう・・」と最初はかなり不安に思っていました。ところが、実際にやってみたところ、交替で休憩をとっていくというスタイルで2時間調査をしたら1時間も休憩がありました。つまり、12時間調査といっても、実際車の数を数えているのは8時間のみで残りの4時間は休憩時間でした。まあ、調査時間も仕事内容があまりに簡単なので休憩時間のようなものですが(笑)それでいて日給は8000円~と時給換算すると1000円近い金額があったので割りが良いなあと感じたものです。
交通量調査バイトは、私にとってこの上なく楽なアルバイトでした。ただ、人によって向き不向きがあると思います。というのは、車の台数を数えるというあまりに単調すぎる作業を8時間もやるわけですから、暇すぎる状況がかえって苦痛に感じる人もいるようです。
また、交通量調査は雨風凌げない路上での仕事なので自然の影響をモロに受けるというデメリットもあります。晴れの日なら日焼けは避けられませんし、雨が降り出したらカッパを着て調査を続行しなければいけません。夏は暑く冬は寒さに耐える必要もあります。ですから人によっては必ずしも楽なアルバイトではないと思います。
私の場合、ひとりで何も考えずコツコツ作業をする仕事が得意です。また、ひとり旅が好きで、野外で長時間過ごすことに特に抵抗がありません。私と似た性格の人なら、交通量調査バイトはきっと向いていて楽なアルバイトだと感じるはずです。
    (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク