インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

人と接することが少ないゲームセンター店員

私はフリーター時代に色々なアルバイトをしていました。その中で「このアルバイトはとても楽だな!」と思ったのではゲームセンター店員のアルバイトでした。
人と接することが少ないゲームセンター店員
ゲームセンターといえば不良たちのたまり場というダークなイメージを持たれがちです。確かにゲームセンターによってはそういったところもあると思いますし、むしろ多いのかもしれません。ただ、私のアルバイト先はショッピングモール内の小さなゲームセンターでした。ufoキャッチャーや簡単なコインゲームくらいしか置いていない簡易的なゲームセンターでした。
ですから、その場が不良のたまり場になるわけもなく・・やってくるお客さんは小学生ないしは小学生を連れた親御さんというほのぼのした感じでした。ゲームセンターでのアルバイトは とにかく暇で楽なアルバイトでした。仕事内容はコインを交換したり、ufoキャッチャーのクレーンを調整したり、後は簡単な掃除をしたりするぐらいのものでした。それ以外は、もしゲームでエラーが出るときに対応するといったこともやっていました。
ゲームセンターはお客さんが勝手にコインを入れて自分で遊んで帰られる場所です。ですから、私たちゲームセンター店員のアルバイトがやる仕事は本当に限られたものでした。お客さんが心地よく楽しんでいただくようにその補助的な役割をする裏方的な存在にすぎ無かったのです。ですから、意外なことに、人と接するという場面もほとんどなく ゲームでエラーが出た時に対応するぐらいのものでし。
勤務時間中、特に午前中は暇で暇で仕方がなかったので延々と掃除をしていたことを思い出します。もちろん毎日掃除したとしてもほとんど汚れなどでないのでその意味もないのかもしれませんが・・。ただずっとぼーっとしてるのも申し訳なかったので、それなりに働いているように見えるように暇つぶしをしていました。ゲームセンター店員のアルバイトの時給はそこまで高くはありません。ただその楽な仕事内容からすると妥当かそれ以上の金額だと思いました。
以上のようにゲームセンター店員のアルバイトはとても楽なアルバイトでした。私なりのお勧めはショッピングモール内のゲームセンターで午前中から夕方までの勤務。なぜその勤務時間がおすすめかというとそもそも 小学生達もそれぐらいの時間は学校に通っていてこないからです。つまり非常に暇な時間が長くなっておいしいということです。
    (フリーター時代の楽なアルバイト体験談 30代女性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク