インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

人気の交通量調査バイトについて

アルバイトにはさまざまな種類がありますが、地道にコツコツ積み重ねていく作業が好きな人は交通量調査のアルバイトがオススメです。
交通量調査のアルバイトは、巷では「カチカチ」とも呼ばれることもあり、カウンターをカチカチ押して、車の台数をカウントするというお仕事です。
交通量調査はその作業内容が単純で簡単でありながら、日給が高いことなどから、とても人気の高いアルバイトです。交通量調査の求人を見つけるには、【アルバイトEX】人気の交通量調査バイトについて
やINDEED、anなどの求人サイトで「交通量調査」などの言葉で調べると結構掲載されています。ただ、すぐに応募をしないとあっという間に採用枠が埋まってしまうことも少なくありません。それだけ人気が高いのです。私自身、交通量調査の求人を見つけて応募電話をしても1時間くらいずっと話し中でつながらなかったことが何度もありました。そんなときは、応募電話が殺到していてようやくかかっても定員が埋まっていることが少なくありませんでした
人気の交通量調査バイトについて
交通量調査はほとんどの場合、交差点や車道の脇に椅子を置いて行います。
交差点の場合、それぞれの進行方向ごとに車両の数を数え、一般的な車道の場合、「断面調査」といって目の前を通過する車両の数を数える作業を行います。
いずれにしても単純で簡単な作業で、初めての人でもすぐに慣れることができます。
カウントする対象は、乗用車、トラック、バス、トレーラー、バイクなどで、ナンバープレートや車両の形状から車種を分類し、それぞれの台数を1時間ごと(または10分ごと)に所定の用紙に記入していきます。
車両以外にも、調査内容によっては、横断歩道を渡る人の数や往来する自転車の数を数えるというケースもあります。こちらも同じく簡単な作業で、難しいことは一切ありません。
交通量調査には技術や経験、学歴や資格も不要です。敢えて言えば、単純作業を継続できる少しばかりの根気と、眠たくなっても寝ないで耐える根性?が必要です。
言ってみれば、誰にでもできるような単純で簡単な作業であるわけですが、日給は大体が1000円以上で、12時間調査(実働8時間)の場合、日給にすると交通費込みで8000円~12000円くらいになります。こんなに楽なのにこんなにもらっていいの?と思ってしまう金額です。ですから、あまり交通量調査のアルバイトに浸かってしまうと抜け出せなく人も結構いると聞いたことがあります。というのは、交通量調査のぬるま湯に浸かってしまうと、他の忙しいバイトをしても「え?こんなに給料少ないの?」という状態になってしまうからです。
総じて交通量調査のアルバイトは楽で給料も良いおいしい仕事なのですが、真夏や真冬はかなりきついアルバイトに一変します。というのは、灼熱の太陽の下でもその場を離れず、汗だくになって長時間カウントしなければなりませんし、冬場は吹雪のなかでもじっと堪え忍ばないいけないからです。そんな季節に交通量調査を行えば、ばるで修行僧になったような感覚にさえなるほどです。ですので、交通量調査のアルバイトをするとすれば春や秋など気候が穏やかな季節がオススメです。
                               (暇で楽な仕事の体験談 20代男性)

スポンサーリンク